ONE FOR ALL

お役に立てる情報を発信し他の為に徹底的に尽くしていきます!

にきび跡クレーターの予防と治療の方法

   

スポンサードリンク

にきび跡クレーターができる理由

にきび跡クレーターはなぜできてしまうのでしょうか。
にきび跡クレーターができる理由を知る前に大切なのは、にきびができる理由を知らなくてはないないでしょう。
皮脂が分泌されやすい部位の毛穴が、皮脂や汚れによって目詰まりを生じ炎症が起きるとにきびになります。
尋常性挫創とも呼ばれており、その毛穴からは皮脂が分泌できなくなってしまいます。
従って、皮脂の分泌量の多い部位ほどにきびができやすく、顔だけでなく肩や背中にも発生するのです。
身体にも出るにきびですが、ほとんどの場合は顔に出たものをにきびといいます。
にきびの進行状況によって、皮膚が受けている影響も異なります。
できたばかりのにきびは中心が白く、まだ腫れていません。
この白にきびの状態でケアできれば、クレーター跡を心配することはありません。
にきびの炎症は、白にきびの段階で放置しておくと上皮部分で発生します。
皮膚が赤く腫れてしまった段階でも放置しておくと、にきびが更に悪化して炎症が広がり、奥へ奥へと影響が広がっていきます。
深い層の皮膚までダメージを負ってしまうと、修復は簡単にはいかずににきび跡クレーターとなります。
一旦にきび跡クレーターができてしまうと、下層までにきびの悪影響を受けた皮膚は思うようには戻せません。
見つけたにきびは放置せずに早めに治すことが、にきび跡クレーターでできる肌のでこぼこを防ぐ手段です。

 

にきび跡クレーターの予防方法

にきび跡クレーターを予防するには、初期症状でのにきびをしっかりとケアすることです。
にきび跡クレーターを作らないための一番有効なにきびケアの方法は、毛穴に汚れや皮脂が溜まらないように洗顔することです。
ただし、頻繁に洗顔をするのはにきびの予防効果がないだけでなく、マイナスに作用することもあります。
さかんに顔の油脂成分を洗い流すことによって油脂の過剰分泌が起きたり、洗顔回数が多すぎて皮膚に負担がかかることもあります。
熱心に顔を洗いすぎたことで、逆ににきびができやすいような皮膚になってしまったという人もいるようです。
にきびができにくい肌を作るには、日に2~3回の洗顔で十分なのです。
適切な洗顔剤を選んで、自分の皮膚のコンディションに合わせて使いこなすことも、にきびケアやにきび跡クレーター防止には必要です。
また、にきび跡クレーターにならなすようにきびを予防するため、適切な洗顔を行ってください。
洗顔の基本が守れていない自分なりの方法では、下手をするとにきびが酷くなることもあります。
それどころか、にきび跡クレーターを作りやすい状態にしてしまうこともあります。
毎日続けて正しく顔を洗うこと、それを毎日行うことに意味があります。
にきびを適正に治し、にきび跡クレーターを減らすためには、洗顔のような何気ない習慣が何よりも大切です。

スポンサードリンク

 

にきび跡クレーターの治療方法

にきび跡クレーターの治療方法にはどのようなものがあるのでしょうか。
初期症状でのにきびケアが上手く行かず、にきびを悪化させ、にきびを皮膚の深い部分まで侵食させてしまうことがあります。
にきび跡クレーターがそのせいでできてしまったらどのようなケアをしたらよいのでしょうか。
皮膚ににきび跡クレーターができてしまったときは、実際のところ初期症状のにきびケアのように、家にいて、自分の力だけでにきび跡クレーターをきれいに治すことは難しいといえます。
専門的な治療がにきび跡クレーターを改善したいというときには不可欠なのです。
にきび跡クレーターの深さによっていろいろと違うのが、にきび跡クレーターの治療方法だといえます。
治療方法はにきび跡クレーターの場合いくつかりますが、ひとつはクレーター部分を切開して縫い合わせるというものです。
これ以外の治療方法としては、レーザーを照射して薬やコラーゲンなどを用いるものもあげられます。
しかし、にきび跡クレーターの治療方法によっては保険が利かない場合もあるので、けっこうな金額が掛かってしまうことがあるようです。
にきび跡クレーターを自分の力だけで治すための機器などもあるので、専門的な治療を受けないという選択肢もあります。
ですが専門的な治療をうけた場合に比べると、そこまでのにきび跡クレーターの改善は見込めないようです。
効果が現れるまでに、専門的な治療に比べるとかなりの時間がかかることから、続けることが難しいといえるかもしれません。

スポンサードリンク

 - ニキビ