ONE FOR ALL

お役に立てる情報を発信し他の為に徹底的に尽くしていきます!

乾燥肌対策には洗顔とスキンケアの見直しを!肌荒れや肌の老化の改善に!

   

スポンサーリンク


乾燥肌の対策について

乾燥肌に悩まされているという人は少なくありません。皮膚表面の皮脂が少なく、保水力の弱く乾燥気味の肌が乾燥肌です。
乾燥肌はあらゆる肌トラブルの原因になるので日頃のスキンケアによる乾燥肌の対策が大切です。
乾燥肌が進み皮膚の表面がゴワゴワと硬く熱くなると、色味も悪くなります。
にきぴや毛穴の黒ずみが気になることがあるなら、要因は乾燥肌かもしれません。
角質が硬く重なって肌トラブルの元となるのです。
紫外線に対する抵抗力も、乾燥肌では低下してしまい、シミが発生しやすい肌になってしまいます。
真皮層に存在する保湿成分であるコラーゲンも紫外線で壊されるので、乾燥肌の進行の原因になります。
乾燥肌の対策のためには、乾燥肌になる原因を理解しておく必要があります。
顔の洗い方やお肌のお手入れ方法を誤ると、乾燥肌は酷くなるばかりです。
乾燥肌対策に洗顔やスキンケアの見直しを行いましょう。
皮膚の水分をキープし、肌荒れや肌の老化の対策を立てるためには、適切な洗顔を毎日続けることにあるようです。
洗顔は1日2回程度、最初にまず顔をぬるま湯でさっと洗ってから、泡立てネットに泡を用意します。
洗顔料を泡立てることによって、濃度を調整し肌への刺激を減らせますし、柔らかい泡で洗うことで強くこすらずに顔の汚れを落とすことが可能です。
乾燥肌の対策用スキンケア商品はたくさんありますが、まずは毎日の洗顔方法を見直すことでずいぶんと肌の乾燥状態が変わってくると思います。

乾燥肌対策のための洗顔方法

毎日せっせと顔を洗っていても、間違えた洗顔方法では乾燥肌対策にはなりませんので、まずは顔の洗い方をチェックしてください。
乾燥肌対策のためには、洗顔料を肌にのせる時間はおでこや鼻等、皮脂の分泌が一番多い所からにしましょう。
乾燥肌対策には、皮脂の少ない目元や頬などに泡をつける順序は遅らせる方が、乾燥によるシワやくすみを防止できます。
汚れをきれいに落とすためにとこすりたくなりますが、手で顔をこすってしまっては、肌の負担が増すばかりです。
強くこすらずとも、洗顔料を十分に泡立てていればそれで汚れは落ちますので、泡を皮膚の上で転がすようにします。
乾燥肌対策には、洗顔時に用いる湯はあまり熱くない30℃くらいのものを使うようにしてください。
すすぎは念入りに、30回くらいは洗い流すべきですが、この時に用いる湯が熱すぎると肌に残しておきたい皮脂まで流れてしまいます。
すすぎの時にも細胞間脂質セラミドや天然保湿因子などの肌バリア機能は流れてしまうからです。
なるべく泡切れの良い洗顔料を使いましょう。
髪の生え際やアゴの下等に洗顔料を残したままタオルで拭かない様にしないと肌トラブルや乾燥肌の原因になります。
皮膚の表面をコーティングしている角質層の部分は、上質なコットンでこすっても傷がつくくらい薄いものです。
顔の水気を取る時は、吸い取りのいいタオルを顔に押し当てるようにすると肌への負担を最小限にすることができます。

スポンサーリンク

スキンケアで乾燥肌対策をする

日常のスキンケアは乾燥肌の対策には大切なことです。
乾燥肌が更に深刻になると、乾燥性敏感肌になってしまいますので注意が必要です。
お肌を紫外線や空気の乾燥からガードしているバリア機能は、乾燥性敏感肌になると弱まり、皮膚トラブルを引き起こします。
セラミドやアミノ系の保湿成分が含まれたスキンケア用品で、乾燥肌対策をしましょう。
角質の細胞と角層の細胞は、細胞間脂質セラミドによって隙間無くくっついています。
これが肌を守り、皮膚の乾燥や肌荒れを防いでいます。そのため、敏感肌が気になるなら、化粧品は保湿成分のアミノ系成分やセラミドが配合されているものにしましょう。
食器洗剤、化粧品、クレンジング剤に使用されている界面活性剤は、乾燥肌の天敵ですので、気をつけて選択するようにしましょう。
にきびができた理由が乾燥肌かどうかなども、手入れの内容に関わってきます。
保湿効果の高いものを使い、皮膚に油分を与えずにアクネ菌の抑制に努めましょう。
乾燥性にきびと毛穴詰まりのスキンケア対策には、ピーリングが有効です。
古くなった角質をピーリングによって除去することで、肌の新陳代謝が促進され新しい細胞が作られます。
古い細胞の下から新しい細胞が生まれ、皮膚のターンオーバーが起きることによって保湿力が高まり、しっとりとした弾力のある肌になれば、メラニンの排出量も増え皮膚の水分も増します。
温泉で肌がツルツルになるのも一種のピーリングで、アルカリの温泉水で不要な角質が溶けているのです。

スポンサーリンク

 - コスメ