ONE FOR ALL

お役に立てる情報を発信し他の為に徹底的に尽くしていきます!

脱毛症の対策方法!男性と女性の脱毛症の原因とは!?

   

スポンサーリンク


男性における脱毛症の原因

ストレスなどで円形脱毛症になるのは男性のイメージがあり、事実、脱毛症は男性によく見られる症状です。
円形脱毛症では、毛髪の本数に変化はありません。
円形脱毛症になった部位は、いつもの濃く黒い頭髪の代わりに軟毛という短く細い髪になります。
再生機能がうまく働かないのです。
毛自体は抜けていないのですが、頭髪の量が大量に減るので脱毛症と呼ばれています。
成人する前に脱毛症が現れるという男性もおり、脱毛症になる年齢は人によって様々です。
脱毛症の症状が20代になる前から出る人もおり、これは若年性脱毛症といいます。
老化と共に人の髪は減っていきます。
人間は60代になると髪もその他の体毛も少なくなり、全体的に毛がなくなります。
これを老人性脱毛症と呼ばれ、頭部全体の毛の減少の傾向がみられます。
老人性脱毛症と男性脱毛症は異なるものですが、同時に起こす人も多いようです。
様々なタイプの脱毛症が存在しており、内容も色々です。
男性が脱毛症になる原因としては、ストレスや生活環境以外にも、栄養面の問題や頭皮での細菌作用による感染症、肌湿疹や腫瘍ができたことによることもありますので、注意をしてください。
日頃の生活環境を改善することで、脱毛症の対策をすることが可能です。

 

女性にも見られる脱毛症の原因

脱毛症は男性に多いと思われがちですが、女性にも脱毛症が全く起こらないというわけではありません。
脱毛症になる女性のほとんどが、40歳前後くらいになってからだといいます。
つまり10代や20代の頃に頭髪が薄くなったという女性の数はさほど多くありません。
女性らしさ、男性らしさを作るホルモンは、卵巣からは女性ホルモンが、副腎からは男性ホルモンが分泌されています。
ホルモンの分泌量は、女性ホルモンが圧倒的に多めです。
そのため、遺伝的な体質をもっていたとしても、若い年齢で脱毛症になる場合はほとんど無いようです。
若い頃から男性ホルモンも体内に存在しているわけですが、年をとって女性ホルモン量が分泌されにくくなると、様々な症状が出てきます。
その結果、男性と同じように前額部や前頂部などの毛が薄くなり、その結果、脱毛症になってくる場合があるようです。
そうでなくても、若い頃は太かった頭髪が年を取ると細くなる傾向があるので、髪のかさが減ったように見えることが多いようです。
女性でも、髪の悩みを持つ人は大勢いるのです。
このような薄毛の症状のことを女性における男性脱毛症とかつては呼んでいました。
けれど、男性の脱毛症と加齢による女性の脱毛症には違いがあることがわかってきました。女性の脱毛症は、ある程度は毛が保持されます。
女性脱毛症と名付けられたのは、このような理由からです。

スポンサーリンク

 

脱毛症の対策方法

この頃は、脱毛法の対策手段なども数多くあるようです。
脱毛症は病気とは違いますので、治したいかどうかは当人の希望ひとつです。
脱毛症対策を求めているいう人は、何らかの理由で現状よりも豊かな頭髪を欲しています。
そのためには何をしたらいいか、効果的な脱毛症対策を模索する必要があります。
薄毛を隠すため、カツラをかぶるという方法を取る人も多いようです。
即効性があり、外見を改善する効果は抜群であることがカツラのメリットです。
しかし、購入費用やメンテナンス費用はかなりの覚悟が必要な点がネックです。
カツラと似たような方法に、増毛があります。
頭皮に残っている自前の髪に人口の毛をくっつけ、髪のかさと量を増やすという方法です。
増毛は美容院やエステで受けることができる美容施術で、ヘアーエクステンションと呼ぶところもあります。
脱毛症対策として育毛剤を使っている人も多く、市販されている育毛剤は非常にバリエーションが豊かです。
育毛剤の使い方も一律ではなく、頭頂部の毛を集中的に増毛するというものや、頭髪に限らず全身の毛に使えるという育毛剤も存在します。
育毛剤はリーズナブルな商品が多いので、自宅で手軽にできる育毛として利用する人も多いようです。
脱毛症に悩む人は非常に多く、脱毛症の対策方法もたくさんあります。
脱毛症対策に必要なことは、自分の脱毛症はどんな方法がいいかをまず知ることです。

スポンサーリンク

 - 薄毛