ONE FOR ALL

お役に立てる情報を発信し他の為に徹底的に尽くしていきます!

にきび予防のための食べ物と洗顔化粧品の選び方とは!?

   

スポンサードリンク

にきびを予防する為の原因と改善

にきび予防は、まずにきびの原因を理解し改善するところから始まります。
毛穴に存在するアクネ菌が、皮脂汚れなどを媒介に化膿するとにきびになります。
洗顔がにきび予防になるのは、古い角質や皮脂汚れが毛穴に詰まるとにきびができやすいので、それらを洗い流すためです。
にきびの予防には、酒、煙草、食べ過ぎなどをはセーブしましょう。
肌の健康によくない習慣や食事はにきびの大敵ですし、脂肪を取りすぎると皮脂の過剰分泌の元となります。
内臓の働きが弱って便秘になると肌のコンディションが悪くなり、にきびになりますので、内臓機能を鈍くするストレスの多い生活や寝不足なども改善したいものです。
にきびの予防のためには、体調管理をしっかり行ってお肌を含む全身の健康をキープしたいものです。
全身のホルモンの調子を整えてにきびを予防するためにも、早寝早起きを習慣づけ健康的な生活を送りましょう。
健康維持を心がけ、節制の効いた生活がにきび予防には効果的といえます。
発生してしまったにきびは予防することができませんが、触ったり潰したりして刺激をすると、にきびが酷くなってしまったり、きれいに治らないこともあります。
できてしまったにきびをメイクアップで隠そうとする人もいますが、厚塗りは厳禁です。
にきびのできた肌のお手入れは、カムフラージュよりも改善と予防を主眼に置いて行うようにしてください。

にきび予防に役立つ食べ物

食事を通してのにきび予防も大事にしたいものです。
漠然としたイメージでは、フルーツや野菜は健康にも美肌にも、にきび予防にもなりそうです。
特に睡眠時間が不規則で、生活習慣が乱れがちな方は、ビタミンの豊富な食べ物を摂るようにしましょう。
できれば、冷たいものより温かいものでビタミン摂取を心がけましょう。
体を冷やすジュース類より、体を温めるスープ類の方が効果的です。
冷たい食べ物や飲み物で体を冷やすと便秘にもなり、肌荒れの原因にもなってにきび予防が難しくなります。
食べ物の量を増やしたくないという方には、にきび防止に役立つサプリメントという方法もあります。
緑茶に含まれるカテキンは殺菌効果が高いので、にきびの炎症を抑制する働きがあるといわれます。
まめに水分を取り入れる事も肌の乾燥を予防し、にきびになりにくい肌を作るポイントです。
刺激物であるチョコレートやカフェイン、または糖分たっぷりの食べ物や脂肪分を含むものはにきびにはよくない食品と言われます。
極端な食事制限は、かえってストレスが溜まります。
忍耐が過ぎるとストレスとなり、逆に皮膚トラブルの元となってしまうかもしれません。
にきび予防に悪影響を及ぼす可能性のある食べ物がお好きな方は、ほどほどに嗜む程度に抑えるようにしましょう。

スポンサードリンク

にきび予防の為の洗顔化粧品

お肌は汚れのない状態にしておくことが、にきびに対する予防策です。
にきびを徹底して予防したい場合は、どの洗顔剤を使うかも大事なことです。
洗顔料は、メイクをしっかり落とせるのはもちろんですが、なるべく刺激の少なく洗い流せるタイプのものを選ぶようにします。
また、油分の少ないクレンジング剤は使いにくいかもしれませんが、油分や界面活性剤は少なめの方がにきび予防には理想的です。
肌タイプによっても使うべき化粧品、洗顔剤は違います。
肌タイプは季節や年齢によっても変わりますので、自分に合う洗顔化粧品を使い分けてください。
にきびの予防効果があるような洗顔剤には、弱酸性の洗顔石鹸もいいでしょう。
また、泡立て用のネットを活用してしっかりした泡を作りましょう。
しっかりした泡ができたら、鼻から額にかけて泡をつけ、円形にしずかに泡を伸ばしていきましょう。
手で顔に直接触らないくらいに、泡を転がすようにして繊細な肌を優しく洗います。
にきび予防効果の高い洗い方をするならば、泡で顔をくるみこむようにしてください。
髪の生え際などに洗顔剤が残らないようぬるま湯で入念にすすぎ、タオルを顔に押しつけるように水分をぬぐいます。
にきび予防のためには、どのような化粧品を選ぶかという点も重要です。
にきぴの予防をしたい時は、化粧品はビタミンCが多いものを探しましょう。
余計な皮脂の分泌を抑制し、コラーゲンの補助的な役割も果たしてくれるようです。

スポンサードリンク

 - ニキビ