ONE FOR ALL

お役に立てる情報を発信し他の為に徹底的に尽くしていきます!

多汗症の原因と対策!エクリン汗腺の除去手術か?ボトックス注射治療?どっち?

   

スポンサードリンク

多汗症の原因

多汗症の症状を気にする人は意外と多いようですが、多汗症の要因はどういったものでしょう。
人間の体には汗をかく汗腺と呼ばれる組織が全身にあります。
多汗症の原因は、汗腺組織の中のエクリン汗腺がわきの下に多く存在する事です。
体の表面から汗をかけるように、エクリン汗腺はどんな人でも体じゅうにあります。
体温を下げるために人間の体は汗をかけるようにできており、運動などで体温が上がると汗の蒸発で皮膚表面の温度を下げる働きがあります。
体温調整だけでなく、緊張すると汗をかく性質がエクリン汗腺にはあります。
汗の分泌量が多くて悩みの種になって、多汗症の手術を受ける人が多いようです。
汗をかきやすい時や緊張しやすい時に、エクリン汗腺からたくさん汗をかくことが多汗症です。
程度が重い場合は、どんな時でも汗をかきやすく、常時発汗しているような症状が出ます。
エクリン汗腺から汗が出ること自体は正常な生理作用ですが、不都合を感じるほどに汗が出ることを気にして手術を受ける人は少なくありません。
生まれつきの体質により、エクリン汗腺の量は決まっており、多汗症も体質の一種です。
生活習慣や食事の見直しや病気で変わるものでもないのです。
多汗症を引き起こすエクリン汗腺を多汗症手術で取り除けば、汗の出方を調節し多汗症緩和が可能なのです。

スポンサードリンク

 

多汗症対策は、医療機関での手術?それともボトックス注射?

発汗量を抑えるために多汗症手術を受けたものの、手術の結果が不十分だったり、手術痕が目立ってしまうという場合もあるようです。
なぜ、手術を受けても多汗症がそのままということがあるのでしょう。
多汗症手術はエクリン汗腺の除去を目的としていますが、何らかの事情でエクリン汗腺が体内に残ってしまうと発汗作用は抑えられません。
医師のスキルによっては、多汗症手術でメスの跡が目立ってしまうということがあります。
十分な説明をせずに多汗症手術を開始するような医院もありますので、必要なら自分から確認してください。
あらかじめ下調べをするなどして、多汗症手術の医療施設を選び出してください。
どんな器具を使用して体のどの部分を手術するのか納得行く迄、多汗症の手術についてカウンセリングを受ける事が大切です。
多汗症手術の他にもボトックス注射治療という方法があります。
ボツリヌス菌を原料に製造されたボトックスを注射することによってエクリン汗腺からの発汗作用を抑制し、多汗症を緩和するというやり方です。
たんぱく質に分類されるボトックスは、注入することで交感神経に働きかけます。
ボトックスで多汗症が緩和されるのは、交感神経の働きでエクリン汗腺が活動しにくくなるためです。
大がかりな手術はしたくないという方や、手軽に済ませたいという方は、ボトックス注射での多汗症対策がいいでしょう。

 

多汗症手術後の注意点

手術を受ける前に、多汗症手術後のことも知っておきましょう。
施術を受けた部位を濡らさなければ、その日じゅうのシャワーや入浴はできます。
わきの手術をしたなら入浴は半身浴に留めましょう。
洗髪は頭を下げて洗えば大丈夫です。
飲酒は細菌感染や出血を起こしやすくなるので1週間控えたいところです。
多汗症の手術による傷が完治する迄は1ヶ月前後かかります。
運動については、特に制限はありませんが、ボクシングや野球などの腕を激しく使うスポーツはしないように注意しましょう。
手術後の抜糸は1ヶ月程度で体内に吸収され、外に出ている糸は自然に取れるので通院の必要は無いようです。
多汗症手術は皮膚科のほか形成外科や美容外科等でも受ける事が出来ます。
多汗症がしっかりと完治出来るまで、生涯保障制度がついている医療機関もあるので事前にチェックする事をおすすめします。
多汗症の手術を検討する場合は、充分な知識を持っていないと、安心して手術を受けられる医療機関を選択することができません。
わからない点があったら、遠慮せずに手術をする病院に問い合わせましょう。
多汗症の症状や手術の方法についてある程度の知識を得た上で、どういった病院なら安心できるかを見極めることが大事です。

スポンサードリンク

 - 多汗症