ONE FOR ALL

お役に立てる情報を発信し他の為に徹底的に尽くしていきます!

メイク落としの選び方とやり方!

   

スポンサーリンク


メイク落としの仕方

スキンケアのためには、メイク落としも重要です。
メーキャップ用化粧品は油性のものが多いので、水だけでは洗い流すことはできません。
そのためクレンジングでのメイク落としが大事になります。
ポイントメイクのメイク落としをすることが、メイク落としの手順の基本です。
目元や唇などに施したポイントメイクを最初に落とします。
コットンにリムーバーを含ませて、目や口の上に乗せ優しく拭き取ります。
コットンはいつも綺麗な面を使える様に、こまめに位置を変えてあげましょう。
口紅やアイメイクが落ちたことを確認したら、次は顔全体です。
クレンジング剤をてのひらに出し、両手で温めてから使いましょう。
メイク落としでは、落とし残しがないように十分に気をつけながら、頬と額と顎に乗せたクレンジング剤を中指と薬指で円形に伸ばしていきます。
拭き取るタイプのクレンジング剤の場合、クレンジング剤が隅々まで馴染んだことを確認してから、ティッシュを置いて優しく拭いていきます。
顔の隅だけでなく、まゆや小鼻に落とし残しがないよう気をつけましょう。
メイク落としに洗い落とすクレンジング剤を用いている場合は、拭き終わってから微温湯で念入りに流します。
この場合も、洗い残しがあると肌荒れの原因になりますので、何度も湯を使って入念にメイク落としを行います。
拭くメイク落としでも、クレンジング剤を濡らしたコットンなどで綺麗に取り去ります。
スキンケアのためには、毎日のメイク落としを適切な方法で行えるようになることがとても大事です。

スポンサーリンク

メイク落としの注意点

10年先、20年先のお肌を考えるならば、正しくないメイク落としでは肌への負担がどんどん溜まっていきます。
メイク落としの時に注意すべき点はいくつかあります。
メイク落としは、軽くやさしく円運動が基本になります。
肌トラブルを回避するには、メイク落としで化粧を隅々まで落とすことと、指で強くこすっては肌に負荷をかけないことです。
時折、メイク落としと一緒にマッサージをする方がいますが、これは用心が必要です。
メイクを落とす際に、習慣的にマッサージをして顔の皮膚の血行促進などをしている方がいます。
ですが、クレンジング剤を肌につけたまま長時間いると、肌に必要な油分をクレンジング剤が取り去ってしまうこともあります。
顔マッサージには、そのためのクリームがお勧めです。
クレンジングや洗顔に使う湯は、入浴時の湯よりややぬるめの33度前後が最もいいといわれています。
顔面温度が33度くらいなので、同じくらいの温度のお湯で顔を洗い流すことで、顔に負担なく皮脂汚れを落とせるようになります。
クリームやジェルタイプのメイク落としが肌に負担が無いというのは間違いという点も忘れてはなりません。
メイク落とし時にどちらのクレンジング剤を使う場合でも、界面活性剤が配合されている以上はじっくりとクレンジングをしなければなりません。
体質に合わせていいクレンジング剤を使うことが、メイク落としではポイントとなります。

 

メイク落としの選び方

どんなメイク落としが肌にいいか知っておくことは重要です。
1つ目のメイク落としの選び方のポイントは、肌によく馴染むメイク落としを選ぶことです。
伸びが良いメイク落としも重要なポイントです。
すすぎですぐに落ちる事、お肌を傷めず洗顔後もしっくりくる事もメイク落としを選ぶ際には気をつけたいポイントです。
メイク落としをしながら洗顔もできるというクレンジング剤もありますが、メイクが落としきれず洗い直さなければならないこともあるようです。
適切なスキンケアには、メイクや汚れを顔に残さず洗い終わりたいものです。
また、毎日使うメイク落としはコストパフォーマンスも重要です。
メイク落とし用品の価格は、広告宣伝費や包装容器代金なども加算されていますので、高い商品が高品質とはいいきれません。
メイクに使う化粧品次第でも、メイク落としに求めるものは違います。
メイクをする時は、どのような点に重点を置いて行っているでしょう。
トライアルキットや試供品を販売または配布している会社はたくさんありますので、肌につけて使用感をチェックしてみましょう。
自分の肌にピッタリ合うメイク落としを見つけることができれば、美肌への一番の近道になるので、あきらめずに頑張っていただきたいものです。

 

スポンサーリンク

 - コスメ