ONE FOR ALL

お役に立てる情報を発信し他の為に徹底的に尽くしていきます!

ニキビ跡の赤みの原因と対策と予防の方法

   

スポンサーリンク


ニキビ跡の赤みとは

ニキビとは何でしょうか。
ニキビには思春期にできる思春期ニキビと、大人になっても治らないアダルトニキビがあります。
思春期ニキビは年齢とともに自然と消えていきますが、アダルトニキビはなかなか良くならず、やっかいなものです。
ニキビ跡の赤みとはどのような状態なのでしょうか。
悪化したニキビを放置しておくと、いつまでもニキビ跡や赤みが残ってしまったりします。
しっかりとスキンケア対策をすれば、ニキビ跡の赤みを消すことは可能です。
大別して2通りの赤みやニキビ跡対策があります。
ニキビ治療用の化粧品や薬品を使って、自宅でニキビ跡の手当てをするというやり方があります。
人工皮膚成分を用いて作られたスキンケア用品や、ニキビ改善効果のある薬で赤みやニキビ跡を消すというやり方です。
しかしこれらの薬や化粧品は効果がない場合もあります。
症状が軽い方は試してみるのも良いかもしれません。
もう一つの方法は、美容整形やクリニック、エステなどプロの手でニキビ治療をしてもらうというやり方です。
確実にニキビ跡を治したい方や、赤みやニキビ跡が深刻な方はこちらの方がいいでしょう。
ですが、通う場合の交通費の問題や治療代などが絡んできますので、どこで診察を受けるかなどが重大な問題となります。
いずれの方法も一朝一夕にできるものではありませんので、気長に取り組むつもりでスキンケアや洗顔と並行してコツコツと行っていきましょう。

スポンサーリンク

ニキビ跡の赤みの原因と対策

肌の赤みが残ってしまうことが、ニキビ跡ケアをしている時にはあるようです。
原因は、ニキビ発症の際に増加した毛細血管が残ってしまっているからです。
肌の老化を止めきれず、しみやしわの原因になってしまう原因には、こういったニキビが残した赤み部分のケアが不十分で終わったという場合があります。
肌のニキビ跡や赤みに早期に対処するために、ビタミンC誘導体を利用するといいでしょう。
よく耳にするビタミンCとは違うのでしょうか。
ビタミンC誘導体とは、ビタミンCのお肌への浸透を高めたもののことです。
お肌の保湿に重要なコラーゲンの合成を助けるなど、肌のコンディションの向上効果もあります。
ビタミンC誘導体が含まれる化粧品がニキビやニキビ跡対策用として販売されているのは、ビタミンC誘導体に皮脂の分泌量に作用する効果があるためです。
ビタミンC誘導体には、リン酸型ビタミンCと、現在話題のバルミチン型ビタミンCがあります。
バルミチン酸型はリン酸型よりも浸透が良いと言われています。
肌が刺激に弱いという方は、ニキビ改善にも用いられるナイアシンでコラーゲンを作り、ニキビ跡対策や赤み対策をするといいでしょう。
また、普段のメイクではニキビ跡や赤みはできるだけカムフラージュしたいところですが、そういう時はニキビ対応や低刺激の化粧品を使ってください。
例えば、ミネラルファンデーションは天然素材で作られた、お肌への刺激の少ない化粧品です。

ニキビ跡の赤みを予防する方法とは!?

赤みやニキビ跡にならないニキビケアを覚えると役に立ちます。
これ以上ニキビ跡や赤みが増えないようなスキンケアができれば、現在あるだけのニキビ跡や赤みの軽減に専念できます。
ニキビ跡の赤み対策においては、新しいニキビを作らないことが最も大切なのです。
スキンケアで守るべきことは、2つのポイントを押さえた洗顔をすることです。
洗顔料で作る泡は、念入りに泡立てることです。
そうすることでキメ細やかな泡になり、毛穴の奥まで入り込んで汚れや皮脂を浮き上がらせてくれますし、細かな泡が顔と手の摩擦を防ぐので表皮を傷つけずに済みます。
表皮が傷つけば、そこから菌が入り込んで、炎症を起こす可能性もあるのです。
いい泡を作ることができれば洗い上がりも爽快で、きちんとすすげば洗顔料成分が肌に残ることもなく、後々の肌トラブルの防止にもなるといいます。
洗顔時の大事な点としては、この他に、絶対に手で擦らず、肌に負担がかからないようソフトな洗い方を心がけることです。
石鹸の持つ界面活性剤の効果で油汚れなどは浮き上がらせるものであり、こすって落とすものではありません。
代謝によって皮膚から取れつつある古い皮膚が、洗顔時に顔を擦ることで毛穴に押し込まれたり、強くこすることで肌に負担になることもあるのでくれぐれも注意してください。
適切な顔の洗い方を覚えるだけでみ、ニキビ跡や赤みの対策には効果的です。

 

 

スポンサーリンク

 - ニキビ