ONE FOR ALL

お役に立てる情報を発信し他の為に徹底的に尽くしていきます!

ワキガの手術方法とクリニックの選び方!

   

スポンサーリンク


ワキガ手術とは

ワキガの手術をするという人は少なくないようです。
「腋臭」という字を書くワキガというものはどういったものでしょう。
汗を分泌する汗腺は2種類ありますが、そのうちワキガに関係する汗腺はアポクリン汗腺です。
脇の下や乳りん、外耳道など、特定の場所に集中し細菌によって分解されると臭いを発します。
その独特の臭気をワキガ臭と呼んでいます。
アボクリン腺からの汗はエクリン腺の汗と見た目からして異なり、乳白色で粘度があり、鉄分や脂肪、脂肪酸、アンモニア、色素などが臭いの元となっています。
ワキガ体質と呼ばれる人は一般的にこのアボクリン腺が多い人です。
欧米の人はワキガが当たり前なので治療を考えてる人は少ないそうです。
日本人はワキガ持ちがあまりいないので、その分ワキガ体質の人は気に病むようになるようです。
ワキガを軽減するために行うワキガ手術とは、体内からアボクリン汗腺を除去する手術のことを指しています。
汗の大半はエクリン腺から分泌されているため、汗の量を抑えるということにはなりません。
ボトックス注射によってワキガを治療するという手術もあります。
ボトックスという薬液を患部に注入することによって、自律神経に働きかけて汗の出にくい体質を作ります。
ボトックス注射によるワキガ手術の治療時間は5分程度。
ボトックス注射をしたからといって日々の生活に制限が加わることはありませんが、注射の効果の持続時間は半年程度です。

ワキガの手術方法

耳にしたことがある人も多いと思いますが、いくつかワキガの手術方法についてご紹介します。
代表的なのが、特殊な治療器を腋の下をしわに沿って8ミリ程度切開してから挿入して、まんべんなく放射状にアポクリン汗腺を取り除き、ワキガの治療をするのが、マイクロリーブ法と呼ばれる手術の方法です。
このワキガ手術は局部麻酔で行われるため、外来だけで比較的簡単に手術を受けることができます。
ほかにワキガの手術としては、皮下組織削除法によるものがあり、特殊な機器で皮膚の裏側から汗腺を削り取っていくというものです。
この皮下組織削除法は、現在最も広く行われているワキガ手術で方法の1つだそうです。
汗腺の残存の確認ができないことから、傷が2ミリと小さく、効果も確実とはいえ、熟練した医師でないと完全に除去することができないようです。
汗腺の残存の確認はマイクロリムーブ法の欠点ですが、それを内視鏡を用いることで解決したのがスーパーリムーブ法といわれるものです。
この方法を用いることで、確実な効果がマイクロリムーブ法でも得られるようになったそうです。
また、レーザーによるワキガの手術方法もあり、汗腺を破壊するのにレーザーを使用するというものです。
レーザーによるワキガ手術はサジ加減が難しく、担当医によって効果に差が出るので、慎重にクリニックを選ぶ必要がありそうです。
15~30万円と、ワキガ手術の一般的な費用はかなり高価です。
しっかりと情報収集して、納得のいくワキガの手術を受けていただきたいものです。

スポンサーリンク

ワキガ手術のクリニック選び

ワキガ手術を受ける時には、クリニックを選びにはどのような基準があるのでしょう。
クリニックの体制や医師の腕前について、あらかじめ患者の側から調べるのはなかなか難しいのではないでしょうか。
そこで、ワキガ手術において参考になる目安をお話しましょう。
ワキガ手術を担当する医師が日本美容外科学会の専門医であるかどうかです。
さらに選択のポイントは、勤務歴が美容外科クリニックにおいて長いかどうか、医師が壮年であるかどうかです。
避けたいのは若過ぎる医師や年配の医師です。
そのクリニックが認定医療機関であることや、ワキガの症例件数がたくさんあるというのも大切なチェックポイントです。
ワキガ手術だけではなくどんな手術でも、ある程度の数をこなしていなければ、その技術は向上しません。
症例数と実力は比例するという統計が、一般外科のデータとしての病院ランキングでも見ることができます。
いろいろな面で充実したクリニックであるかどうかも、チェックしましょう。
クリニックの体制の面は、ワキガ手術を担当する医師の腕もそうですが、きちんとしているものであるかどうかもポイントなのです。
優れた人材で、看護師、カウンセラー、受付スタッフが集められているほうが良いに決まっているからです。
なかなか医師の手が回らないことや、聞けなかったことを教えてくれたりするからです。
とりあえずクリニックを訪問して気になる点を質問してみましょう。
ワキガの手術を検討しているならばまずはそれが重要です。
もし無料のカウンセリングがあるのなら絶対に利用するべきです。
そしてきちんと理解してからワキガ手術を受けるようにするのがおすすめです。

スポンサーリンク

 - わきが