ONE FOR ALL

お役に立てる情報を発信し他の為に徹底的に尽くしていきます!

しわ治療手術の比較!注射器、レーザー、フェイスリフトの効果は!?

   

スポンサードリンク

しわ対策には肌ケアを!

しわを増やさないようにする、あるいはできてしまったしわを目立たなくするためには、しわ対策として日頃からのこまめな肌ケアが重要です。
潤いの少ない、乾ききった肌にはしわが発生しやすくなります。
しわ対策をするには、常日頃にどんなスキンケアをしているかがポイントです。
しわ対策を目指すには、肌の保湿に注意を払いましょう。
お肌に水分をたっぷり含ませるためには、顔を洗う時はぬるま湯を使い、汚れを落としたらすぐに化粧水でスキンケアをします。
みずみずしくもっちり感の出るお肌はしわが目立たなくなりますので、スキンケアでのしわ対策は重要です。
顔を洗う時は手のひらで肌を擦りすぎず、泡を顔の上で回すように洗いましょう。
洗い上がりには美容液などを使ってマッサージを施すと効果的です。
毎日のスキンケアを続けることでお肌の状態は良くなり、しわ対策になります。
メイクはクレンジングできれいに落とし、ぬるま湯で入念にすすぐことで、洗顔料もメイクも肌に残さないようにします。
上質な睡眠を取ることもしわ対策には欠かせません。
リラックスしてしっかり眠れるよう心がけてください。
また、夏でなくても紫外線からお肌を守りましょう。
肌荒れやしわを減らすには、ストレス対策も必要です。
ストレスを溜めすぎない生活を目指してください。
しわ対策に効果的な栄養素をサプリメントで摂取することもおすすめです。
コラーゲンやヒアルロン酸など、肌に良いとされるサプリメントを継続して摂取することも、しわ対策には有効です。

注射器によるしわ治療手術

メスを使わず、肌を切らずにできるしわ治療があります。
注射器で行えるアンチエイジングとして、多くの人の注目を浴びています。
注射器を用いるしわ治療は、しわの目立つ部位に薬品を注射します。
肌にメスを入れることなくしわ取り治療が可能なため、比較的気軽に受けることができる治療法です。
手術の程度によっては、手術当日からメイクが可能なので、忙しい現代人には適しています。
ボトックス注射を用いたしわ治療が、最もオーソドックスな方法です。
筋肉の働きを部分的に弱めてくれるため、ボトックス注射を用いたしわ治療は、笑いじわや表情じわに対して効果的です。
治療をしてから半年程度はボトックスは筋肉に作用します。
1度の治療には、10分ほどかかります。
ボトックスはたんぱく質で構成されている成分ですので安全性も高く、副作用の心配も低いのでほとんどの方に利用できるものです。
年を取ると皮膚の弾力が失われたりたるみが出ることでしわが増えますが、こういったしわには、効果が1年ほど続くヒアルロン酸注入法が適しています。
しわ治療にヒアルロン酸を用いるのであれば、コラーゲンも併用してはいかがでしょうか。
コラーゲンで弾力性のある肌を、ヒアルロン酸で水分を皮膚に与えることで、肌のしわ減らし効果がもたらされます。
往年の、白くしわの少ないお肌が、しわ治療で返ってくるかもしれません。
比較的気楽に受けることができて、皮膚への悪影響を心配することがないという注射によるしわ治療を、ぜひ考えてみてください。

スポンサードリンク

レーザーによるしわ治療手術

年齢と共に増えるしわの改善には、レーザーによる治療も行われています。
レーザーを用いてしわ治療をすると、たくさんのしわに効果を及ぼすことができます。
レーザーを顔に広く照射することができるので、顔のコラーゲン生成が全体的に促されます。
正常な細胞を傷付ける心配もないので、気になるしわだけをきれいに治療し、かつお肌にツヤを取り戻すことが可能です。
レーザー治療を使いこなすことで、顔のシワ減らしだけでなくアンチエイジング効果も得られます。
レーザー治療を施すことで、しわ意外にもたるみ対策、しみ対策も同時に行えます。
肌のシミやくすみを減らし白い肌になりたい方にも、レーザーによる代謝促進作用は役に立つでしょう。
治療にかかる時間はレーザー以外の方法と同程度ですが、レーザーでしわ治療を行う場合は全行程が終了するまでに3度ほど通う必要があります。
値段もトータルで7万円前後が相場とされていますので、金銭面での負担も少なくて済みます。
レーザーによる肌のしわ治療では、安全性も高く肌へのリスクは最小限で済ませられます。
ただし、事前のカウンセリングやパッチテストはきちんと行うようにしましょう。
もしも肌質が弱い人やアレルギー体質でレーザー照射を受けたいという場合は、あらかじめ医師に話を聞いて不安点は解消しておきましょう。

メスによるしわ治療手術フェイスリフト

メスを入れて行うしわ治療に、フェイスリフトがあります。
注射やマッサージでは消しきれないしわでも、フェイスリフトで耳の際を切開し、糸を入れて引き上げるというやり方で消すことが可能です。
この方法を用いてしわ治療を行った場合、その効果は10年の長きにわたって続くという魅力があます。
なかなか消えない深いしわでも、フェイスリフトを使うことで治療することができます。
ですが、この方法ではお金がかかることに注意が必要です。
また、メスで皮膚を切開するため、それなりの負荷がかかってしまいます。
フェイスリフトによるしわ治療にかかる費用は少なくとも50万円、時には100万円にも達します。
注射やレーザーでの治療は数万が数十万円ですから、かなり差があります。
皮膚にメスを入れ糸を注入するため、顔が赤く腫れることが多いようです。
腫れが酷い場合は一週間経っても元に戻らなかったり、時には皮膚科の治療や入院が必要となることもありますので、注意しましょう。
これらの点から、少なくとも気軽に行えるしわ治療ではありません。
しわ治療をメスで行う場合、リスクをできるだけ小さく抑えるにはしっかりとしたカウンセリングとクリニック選びが欠かせません。
しわ治療ではどんなことをするのか、金額はいくらかかるのか、アフターケアの範囲はどこまでか、わからない部分は事前に明確にしておきたいものです。
いくつかのクリニックの資料を集め、実際に話を聞いてみて、内容を見比べてみることも役に立ちます。

スポンサードリンク

 - 美白美肌