ONE FOR ALL

お役に立てる情報を発信し他の為に徹底的に尽くしていきます!

車でiphoneの音楽を流す方法!トランスミッターとbluetoothで聴く!

   

スポンサードリンク

車の中でiPhoneの中に入っている音楽を聞きたいと娘に言われ、
色々と調べたことをまとめてみました。
アイホンだけではなくスマホでも、
音楽は聴けると思いますので参考になれば嬉しく思います。

iPhoneの音楽を車で流す方法はブルートゥースがおすすめ!

車の中でiPhoneの音楽を聴くには、Bluetooth(ブルートゥース)を使って聞くことができます。
スマホやiPhoneのほとんどには、Bluetooth(ブルートゥース)という機能がついていて、それを使って音楽を流すことができます。
最近では、イヤホンやスピーカーにBluetooth(ブルートゥース)機能を使ってワイヤレスで音楽を聴けるようになってきたので知っている人も多いのではないでしょうか?
そのブルートゥースを使って車の中で音楽を聴くことができます。
最近の車のカーナビは、Bluetooth対応のカーナビもあるので、スマホやiPhoneをBluetoothで設定してあげるだけで音楽を聴くことができます。
しかし、うちの車は古いので、もちろんカーナビも古くBluetoothの機能がありませんでした。
他の方法はないか調べていたら、FMラジオを使って音楽を流すことができることを知りました。
その方法について次で紹介します。

車で音楽を聴くのにトランスミッターとbluetoothを使う方法

カーナビがブルートゥース対応でなくても、まだあきらめてはいけません。
色々と調べていたら、FMラジオにbluetooth機能を使ってスマホやiPhoneの音楽を聴くことができることがわかりました。
その方法は、FMトランスミッターを使うことで音楽を車の中で聴けるようになりました。

FMトランスミッターの使い方は、ほとんどの場合、車のシガーソケットにさしこみ、FMラジオの周波数に合わせるだけです。
後は、iphoneからbluetooth機能を使ってFMトランスミッターとの設定をするだけです。
しかし、ここで注意ですが、FMラジオの周波数を間違えると、雑音や他の音が入って音楽が聴けないようになります。
うちの娘も最初にFMラジオ放送と同じ周波数にしていたので、途中で雑音で聴けない状態になったようです。
地域によって放送の周波数が決まっていますが、どこも使っていない周波数に合わせる必要があります。
国内FM放送は、周波数76~90ヘルツの間で決まっているようです。

国内FM放送 周波数順一覧
http://radio-k.bird.to/hz/fm-ta1.html

うちの車は、FMの周波数を89.9ヘルツにしました。
どこの地域に行っても、この周波数の放送はやっていないようなので89.9ヘルツにしました。
地域のFM放送がやっていない周波数にあわせれば良いようです。
FMラジオとFMトランスミッターの周波数を同じに設定します。
後は、スマホやiphoneからbluetooth機能を使ってFMトランスミッターとの設定をするだけです。

車の中でスマホやiphoneのアプリの音楽やyoutubeの音楽も流すことがができますよ。
良い感じです。

FMトランスミッターは音質やノイズが入るものもあるようですが、私が購入したトランスミッターは音質もノイズも入らず快適に音楽をきくことができました。
それについて次で紹介しておきます。

車で音楽を聴くならBluetooth対応のFMトランスミッターがおすすめ!

FMトランスミッターとは、下記のようなものです。

スポンサードリンク

FMトランスミッターをシュガーソケットに後付けで差し込んで使うことができます。
bluetoothに対応しているのでiphoneで設定したら、無線で電波を飛ばすのでワイヤレスで車の中で音楽が聴けるようになります。
FMトランスミッターの費用も安いのでおすすめですよ!

うちの娘は、最初に周波数を間違えて雑音で「この商品ダメじゃん」っていっていました。
説明書の文字が小さいのでわかりにくいところもありましたが、結局、FM放送のない周波数だと上手くいきました。
その後、雑音はなく快適に車の中でiphoneの音楽を聴いているようです。

娘は、別府や黒川温泉や湯布院温泉やハウステンボスなど旅行に車で行っていましたが、山の中でも高速でもノイズはなく、曲が途切れることも全くなかったようです。
またiphoneのアプリの音楽を聴いていたようですが、曲は音量を上げても高音質でいい音で聴けるよと言っていました。
iphoneの中のアプリの音楽やyoutubeの音楽を聴きながら快適なドライブだったようです。

また、車の中で音楽を聴いているときもiphoneの充電をしながらですのでバッテリー切れになることもなかったようです。
充電は2台まで同時にできるようです。但しいつも充電しているUSBの配線は必要ですが・・・
さらに、便利なのが、FMトランスミッターにマイクもついているので車の運転中でもハンズフリーで通話することができます。
そして音楽を聴きながら、iphoneのマップを使ってナビも一緒に使うこともできます。

>>私が購入したFMトランスミッターはコチラ!

まとめ

車でiphoneの音楽を流す方法は、カーナビがbluetooth対応になっていないならFMトランスミッターを使って音楽を聴くのが費用もあまりかからないので良いですね!
また山道や高速道路でも雑音やノイズもないし、曲が途切れることもないのでとても良いですね!
iphoneやスマホの中の音楽を聴くには、FMトランスミッターを使うと良いですよ。
車の中でiphoneの音楽を流す方法がわからない人にとって、この記事がお役に立てることができれば嬉しく思います。

>>Bluetooth対応FMトランスミッターの在庫はコチラから!

もっと安い物もあるようですので、口コミをよく読んでから購入しましょう。
安いものだと雑音やノイズが入ったりすることもあるようです。
私が購入した物だと山道でも高速道路でもノイズは入らないのでオススメですよ!

スポンサードリンク

 - IT関連, , , , ,