ONE FOR ALL

お役に立てる情報を発信し他の為に徹底的に尽くしていきます!

梅雨の時期の洗濯物やカビ対策や健康管理と食事対策!

      2017/05/16

スポンサーリンク


梅雨の時期の洗濯物

湿気は、洗濯物をする際において大敵となります。
これは、単純に乾きにくいというだけに留まらない問題です。
というのも、湿気が多いと、雑菌が増殖しやすくなるからです。
この雑菌がニオイの原因となり、せっかく洗って乾かしたのに、独特の嫌なニオイがして、洗ったのが逆効果になった…などという事態も引き起こします。

梅雨時は、こういった状況が最も起きやすい時期です。
乾きが遅く、悪臭のリスクもあるということで、洗濯が一番難しい時期といえるでしょう。
とはいえ、梅雨の時期を避けて洗濯をするというわけにはいきません。
対策を講じて、少しでも快適な洗濯ができるように心がけるしかありません。

梅雨時の洗濯のコツは、なんといっても「溜めないこと」です。
まず、これをやると確実に雑菌が増殖します。
また、一度に大量の衣類を洗濯機に入れて回すのもあまり好ましくありません。
そして何より、部屋干し、室内干しの際にはスペースの確保に苦労することになります。
洗剤を無駄遣いしたくないという人も多いでしょうが、梅雨時はヘタに潜在をケチると、悪臭を呼び込む原因になります。

また、梅雨時は洗濯機自体に雑菌が発生、繁殖します。
そのため、洗濯槽はこまめに掃除するようにしましょう。
漂白剤を使うと効果的です。
洗濯物自体にも、漂白剤は可能な限り使うようにしましょう。
部屋干し用の洗剤を使用してもOKです。
大抵の部屋干し用洗剤には、漂白剤が入っています。

すすぐ際の水は、お風呂の残り湯を使用している家庭も多いでしょうが、梅雨時は控えておいたほうが良いでしょう。
汚れの原因になることがあります。

梅雨の時期の基本は部屋干し

雨の多い梅雨の時期に全ての洗濯物を室外で干すことは、ほとんど不可能です。
タイミングもありますが、基本的にはかなりの頻度で部屋干し、室内干しをすることになるでしょう。
近年では乾燥機の性能も上がっており、梅雨の時期の部屋干しがしやすい環境になっているのは事実ですが、それだけでは上手く乾かせないというのも現実です。
部屋干しのコツを覚え、可能な限り早く、ニオイがつかないような干し方をできるようになりましょう。

部屋干しで重要なのは、干す場所です。
スペースは限られているので、必ずしも条件に見合う場所で洗濯はできないかもしれませんが、可能な限り条件の良い場所を選んで干すようにしましょう。
部屋干しの条件が良い場所は、換気がしやすく、湿度が調整しやすい場所です。
たとえば、換気扇が近くにある場合は、換気扇を回すだけでかなり乾き方が変わってきます。
扇風機があれば尚良いでしょう。

ベランダに雨よけがある場合は、ベランダも有効です。
風が直接当たるのは、洗濯物が早く、そして綺麗に乾く上では重要な要素です。
ベランダがない場合は、縁側や窓際といった場所が有効です。

そして、非常に重要な点として、干し方が挙げられます。
狭いスペースで多くの洗濯物を干す場合、どうしても衣類やタオルなどをずらしたり狭めたりして干してしまいますね。
折りたたんで乾かす人もいるかもしれません。
これは乾きが悪くなる原因となります。
洗濯物は、必ず広げて干すようにしましょう。

洗濯物の部屋干しするなら送風機と除湿機を上手く利用する

部屋干しをする上では、可能な限り広いスペースで、風を送れる場所が有効とされています。
とはいえ、全ての家庭でその条件を満たす場所に干せるかというと、そういうわけにはいかないのが現実です。
中には、極めて狭いスペースで、数多くの洗濯物を干さなければならない家庭もあるでしょう。
特に梅雨時は、なかなか洗濯物をする時間を取れない仕事に就いている人の場合、かなり溜め込んでしまうケースが多いものです。

こういった梅雨を乗り越えるためのひとつの方法として、送風機があります。
ただし、ただ扇風機を利用するというわけではありません。
部屋干しファンに代表される、部屋干しのための送風機を利用する方法です。

部屋干しファンの特徴は、ナノイーと呼ばれる除菌効果のある微粒子イオンも発生させるところにあります。
よって、風によって乾かすだけでなく、悪臭の原因を取り除くこともできるのです。
部屋干しを頻繁にする人には、かなり有効なアイテムといえるでしょう。

ネックとなっていたのは電気代ですが、近年では電気代をかなり節約できるファンも出ています。
もうひとつのネックである音も静かになっているので、マンションやアパートでも十分使用でき、夜間でも問題ありません。
ただし、設置場所と洗濯物を干す位置の関係には注意が必要です。

こういった部屋干しファンがないという家庭は、除湿機や空気清浄機の使用も有効です。
これらは部屋干しファンとも併用できるので、両方ある家庭なら上手く組み合わせてみると、より洗濯物の乾きがよくなります。

洗濯物の省エネの部屋干し法とは!?

室内で洗濯物を干すことも多い梅雨時。
場合によっては、部屋干しファンや空気清浄機などを利用して干す必要もあるでしょう。
ですが、これらの家電製品は、どうしても電気代がかかってしまいます。
近年ではかなりコストが抑えられるようになってきていますが、それでもコストは結構かかります。
また、節電が叫ばれる近年、あまりこういった家電製品を大っぴらに使えないという事情もありますね。
そこで、ここではそんな家電製品を使用しない、省エネの部屋干し法を紹介します。

まず、干す場所の工夫から始めましょう。
風が通りやすい場所が最適ですが、どうしてもベランダや窓際には干せないという家庭もあるでしょう。
そういう場合は、浴室が有効です。
浴室は、一見湿気の溜まり場のように思いますが、使用したばかりでなければ問題ありません。
それどころか、換気扇がついていることが多いので、部屋干しの場所としては最適なのです。
スペースの問題があるので全部干すのは難しいかもしれませんが、ひとつの洗濯物スポットとして頭に入れておくと良いでしょう。

次に、ハンガーに関する工夫です。
当然、室内干しの際にはハンガーを利用しますが、このハンガーを円形に近いように組み立ててみましょう。
たとえば、二本のハンガーをクロスさせて、輪ゴムで留めるなどするとできます。
このハンガーで洗濯物を干すと、風通しがよくなり、乾きやすくなります。
ハンガーは場合によっては無料でもらえるケースもあるので、なるべく多く確保しておきましょう。

この他、室内に新聞紙を置いて湿気を取るなど、色々と工夫して梅雨時ならではの省エネの部屋干しをしてみましょう。

洗濯物の部屋干し特有のニオイを消すには!?

部屋干しの最大の敵は、悪臭です。
普通に外で干したり、ベランダで干したりするのとは違い、部屋干しをするとどうしてもニオイがする…という経験は多くの人がしているでしょう。
実際、梅雨のような湿気の多い時期に部屋干しをすると、悪臭がしてしまうという状態には、明確な理由が存在します。
それは、雑菌の増殖です。

部屋干しをすると、日光や風による殺菌が行われず、むしろ大量に繁殖してしまいます。
特に梅雨時で室内が湿気の高い状態の場合、かなりの悪臭がたち込めることになるでしょう。
この雑菌は、洗濯で落としきれなかった皮脂、たんぱく質といった物質が酸化することで発生、増殖します。
そのため、まずは念入りに洗うことが重要です。
洗濯機に洗剤を入れる前に、水洗いで適度に洗うことも有効でしょう。

できれば用意しておきたいアイテムとして、ランドリーボックスがあります。
日頃から洗濯槽に洗濯物を放り込んでいると、どうしてもそこが雑菌の温床となり、その時点でかなりの繁殖がなされてしまいます。
これは洗濯機の汚れにもつながるので、できればランドリーボックスをひとつ置いておき、そこに洗濯物を入れるようにしましょう。
通気性の良い籐製の物などが有効です。

雑菌を増殖させないことが最大の悪臭対策ではありますが、もしも自分の干した洗濯物から悪臭がした場合は、洗剤の量を減らして再度洗濯すると良いでしょう。
その後、室内の湿度を減らし、風通しをよくし、扇風機などを回すなどして干すと、悪臭は確実に減ります。
重要なのは、干す環境です。

梅雨時期のカビ対策

何よりも梅雨を憂鬱にさせる出来事として、カビの発生が挙げられます。
特に、衛生面で日頃からかなり神経を使っている人にとっては、カビは非常に大きな問題であり、最大の敵と言っても良いでしょう。
カビの厄介な点は、いくら清潔にしていると思っていても、発生してしまう点です。
湿気を好物とするカビは、梅雨の時期になるとどうしても発生してしまうものです。

カビは、実に何万種類も存在していますが、家庭において発生するカビは主に黒カビ、赤カビ、青カビの3種類です。
特によく見かけるのは、浴場で見かけることの多い黒カビと、カビ臭の要因となる青カビでしょうか。

こういったカビに対しての対策は、まず何よりも換気が重要です。
窓を頻繁に開け、風通しをよくするだけでもかなり防げます。
窓が開けられない環境の場合は、除湿機やエアコンを使いましょう。
エアコンは単に暑さ対策というだけではなく、湿気やカビを防ぐ対策にもなるのです。
扇風機でもある程度の効果は得られます。

除湿剤は、6畳程度の部屋の場合は効果的とまでは言えないことが多いですが、比較的狭い範囲、特にタンスなどの衣類をカビから守る時には有効です。
後は、掃除をこまめにすることです。
特に水まわりに関しては、カビが生えないよう毎日掃除することをおすすめします。
押入れや靴箱、タンスなどに関しては、定期的にあけて換気をよくしておきましょう。
それでもカビが発生した場合は、カビ取り専用の洗剤でしっかりと掃除しましょう。

部屋を乾燥させるコツ

子供の頃は、湿気というものがどんな悪影響を及ぼすかということは今ひとつ実感できないものですが、大人になると、湿気を含んだ蒸し暑さというのが嫌でもわかってきます。
また、カビの存在が厄介で、これを見ると具合が悪くなるという人も多いでしょう。

そんなカビや蒸し暑さから家を守るためには、家を乾燥させる必要があります。
湿気を取り除く方法としては換気が一番ですが、梅雨時は雨の日が多く、窓を開けていると雨が入り込んでしまう可能性があり、なかなか難しいのが現状です。
この場合、エアコンや空気清浄機、除湿機を利用することで一定の改善は可能となりますが、これらの家電製品を一日中使用すれば、電気代がかなりかかります。
扇風機であれば電気代も低コストで済みますが、ひとつの部屋に一台用意するとなると、これもやはり相当なコストがかかってしまいます。

そこでおすすめなのが、除湿剤です。
低コストで、かつ維持費がかからないので、手軽に利用できる点がポイントです。
ただ、除湿剤も広い部屋では効果が薄く、また梅雨時はすぐに消費してしまいます。
そこで、さらにコストを抑える方法として、自分で作るという方法を紹介しましょう。
実は、除湿剤は手作りもできたりします。

たとえば大きめの容器に重曹を入れ、その容器を不織布で閉じるだけも立派な除湿剤となります。
また、新聞紙や備長炭、和紙なども除湿効果があり、除湿剤として利用できます。
特に新聞紙は湿気をよく吸い取るので、クローゼットの中に敷き詰めたり、衣類を包んだりするとかなり効果的です。

梅雨のニオイ対策

厄介な梅雨時の問題点として、ニオイが挙げられます。
梅雨の時期には、悪臭がどうしても増えてしまいますね。
これは、湿気が多いことに起因します。
そのため、除湿することが悪臭を取り除く最大の対策となります。

梅雨時の悪臭には、特有の湿気臭さ、カビ臭さなどがありますが、これらよりもさらに厄介なのが、生ゴミの悪臭です。
生ゴミは何時でも臭いものですが、梅雨の時期はそれがピークに達します。
生ゴミのニオイの元は、微生物が残飯等を分解する際に発生するガスです。
そのため、微生物が活発になる要因である水分、温度、そして栄養が充実してしまうこの時期は、ガスが最も発生してしまうのです。

悪臭対策を行う上では、水分のカットがひとつのテーマになります。
たとえば、野菜の皮などを剥いた際に、皮に水分をあまり含ませないようにすることが、対策につながります。
そのためには、一旦野菜クズや皮などを新聞紙で包むと効果的です。

また、微生物を直接減らすという方法もあります。
微生物を殺すのには、エタノールが有効です。
生ゴミに直接かけると、かなり消臭効果が生まれます。
エタノールが家にない場合は、お酢でも代用可能です。
ただし、お酢のニオイが充満するので、必ずしも効果的とはいえません。

そして、ニオイを中和するという方法もあります。
この場合は、重曹やお茶がらが有効です。
お茶がらはどうせ棄てるものなので、コスト面で見ても非常に有効なおすすめの方法です。

梅雨の掃除は湿気対策や悪臭対策、カビ対策にもなる

湿気対策や悪臭対策、カビ対策をするためには、掃除も日頃からしっかりとしておく必要があります。
いくら梅雨に入って対策を講じても、元々がカビの温床となりやすい、微生物や雑菌が発生しやすい環境になっていれば、必ずしも効果が出るとは限りません。
まずは土台として、各部屋を清潔にしておくことが必要なのです。

梅雨に入ると、水まわりは嫌でも掃除の回数が増えることになるでしょう。
特に厄介なのは、ユニットバスのシャワーカーテンです。
最も湿気を含みやすいシャワーカーテンには、かなりの確率で黒カビが発生します。
特に下部の方は、念入りに毎日掃除しておきましょう。
新聞紙を使って拭き取ると効果的です。

玄関も、しっかりと掃除しておきましょう。
梅雨時になると、玄関もかなりカビ臭くなります。
特に靴入れは、カビの温床となることが多く、来客の際に顔を歪めさせるということになりかねません。
靴入れは定期的に開け、換気をしておきましょう。
中の靴もなるべく定期的に取り出し、日光に当てると良いでしょう。

新居を構えたばかりの家庭では、畳も大きな掃除ポイントとなります。
というのも、新しい畳はかなりの頻度でカビが発生するからです。
梅雨前に畳を日干しすることである程度抑えることはできますが、それでもあまり人が通らない隅の方には青カビが発生します。
ふき取るのはそう難しくないのですが、この場合にはお湯をなるべく使うようにしましょう。
さらにカビを防ぐための方法としては、お酢を5倍程度に希釈して、それを雑巾につけて拭き掃除するというものもあります。

梅雨時期の健康管理

家の中に不具合が発生しやすい梅雨時ですが、同時に人間の身体にも変調が起きやすい時期でもあります。
5月に入ると、多くの人がダルさを感じますね。
いわゆる「五月病」です。
これは四月に生活環境が変わりやすく、その際の疲れがこの時期に出やすいという理由で起こる体調不良といわれています。
また、ゴールデンウイークが関係していたり、気候の問題だったり、あるいは花粉などの影響もあったりと、要因は様々です。
しかし、実際には5月より、6月の方が体調を崩しやすいのです。

梅雨時に体調を崩しやすいということは紛れもない事実で、実際に明確な理由が存在します。
6月は気温の変化が激しいことがその理由です。
5月半ば頃から、日本は気温が上昇する傾向にあります。
そこで徐々にその気温に身体が慣れはじめた時期に梅雨に突入し、雨の日が続くとそれによって気温が下がり、身体の恒常性が保たれなくなります。
そうなると、風邪を引いたり、頭痛がしたり、ダルさを感じたりするのです。

スポンサーリンク

梅雨時の健康管理の方法としては、毎日の気温をしっかりとチェックすることです。
特に、日中だけではなく夜の気温にも注意しましょう。
もし、夜の気温が2度以上下がる場合は、なるべく一枚多く服を着たり、布団をしっかりと被ったりして寝るように心がけましょう。
また、晴れ間を縫って外出することも重要です。
太陽の光をしっかりと浴びると、体内時計が正常化します。
これは身体の恒常化にもつながるので、とても有効です。
ぬるま湯で半身浴をするのも、健康管理という面ではとても効果的です。

梅雨時期の特有の病気、湿邪とは!?

6月に入り、梅雨に突入すると、体調を崩す人が増えてきます。
最も多いのは風邪でしょう。
梅雨時は、気温の変化が大きく、特に夜間の気温が前日より3度以上下がる場合は、風邪をひきやすいようです。

ただ、これ以外にも梅雨時に体調悪化の原因となるものはいくつかあります。
たとえば、食中毒もそうですね。
カビが生えやすく、雑菌が繁殖しやすいこの時期には、冬場や春の段階では居間に置きっぱなしでも問題なかった食品が、急に傷み出すことも多々あります。
傷んだ食品を口に入れやすい時期なので、必然的に食中毒の被害も増えてきます。
家庭内だけではなく、外食産業においても食中毒が発生しやすい時期です。
生肉をはじめ、食材には十分に気をつける必要があります。

そして、梅雨特有の「湿邪」という病気も存在しています。
あまり知られていない病名ですが、実際にはこの湿邪にかかる人はかなり多いと言われています。

湿邪は、長時間雨に打たれた場合や、湿気が非常に多い場所で生活している場合にかかりやすい病気といわれています。
症状は、皮膚や筋肉などに悪影響が出てくるというもので、消化器や膀胱の炎症、神経系への悪影響などが起こります。
ただ、あまり有名な病気ではないので、症状が出ても別の病気を疑う人が多く、なかなかクローズアップされないのが実状です。
食中毒や風邪はもちろん、梅雨時にはこの湿邪にも要注意です。
湿度の高い家は、なるべく換気をして、少しでも減らす努力をしましょう。

梅雨時の寝不足対策

湿気の多い時期は、寝苦しさとの闘いも毎晩のように起こってしまいます。
ジメジメとした気候は、非常に眠りにくいものです。
梅雨になると、身体にまとわりつくような蒸し暑さが、安眠を妨げてきます。

梅雨時の寝苦しさを解消するためには、深部体温と呼ばれる身体の中心部の温度を下げる必要があります。
それを実行するには、ある程度室内の気温を下げる必要があるでしょう。
理想的な環境としては、26度以下で、かつ湿度50~60%の状態です。
この環境を作るには、エアコンの力が必要となるでしょう。

エアコンは、温度だけではなく湿度を下げる効果もあります。
そのため、エアコンを入れるだけでかなり快適な環境になります。
ただ、コスト面の問題、さらには節電の問題なども絡んでくるため、なかなかエアコンを長時間使えないという人もいるでしょう。
そういう場合は、寝る直前の30分くらいだけでもエアコンを利用すると良いでしょう。
わずか30分でも、かなりの違いがあります。

また、布団を干すというのも効果的です。
梅雨時は布団も湿りがちになっており、布団が不快な気分を増長させているケースもあります。
掛け布団、敷布団共に天日干しして、乾燥させましょう。
雨で干せない場合は、乾燥機などを使うと良いでしょう。

睡眠前の半身浴も有効です。
不眠はストレスが原因になっていることも多く、それを解消することで眠れるようになることもあります。
40度弱のぬるま湯に20~30分浸かるだけで、かなりリラックスできます。

梅雨の時期の食事対策

湿気の多い梅雨の時期に世の奥さん、お母さんが最も苦労するのは、料理ではないでしょうか。
お弁当を作る場合、作り置きして行く場合等、梅雨時には料理が傷む可能性があります。
お弁当の場合、朝に作るのが難しく、夜に作っておくという場合には余計に危険です。
梅雨時には、食事が傷まないように対策を講じる必要があるでしょう。

作り置きしている料理が傷まないための方法としては、冷蔵庫に入れておく、部屋の換気をよくする、エアコンや除湿機を使用する、扇風機を回すなどの方法があります。
冷蔵庫に入れるのが一番確実ですが、料理によっては入らないこともあるでしょう。
その場合は、できるだけ置いている部屋の換気をよくし、湿度を下げるようにしておきましょう。
もっとも、一番良いのは作り置きをしないということです。

弁当の場合は、腐敗防止シートや保冷剤を利用するという手があります。
ランチジャーも中身が傷みにくいので有効です。
また、お弁当の強い味方である冷凍食品も傷みにくい食事なので、梅雨時には活躍してくれるでしょう。

基本的には、食材の時点での管理が最も重要です。
購入した食材は、いつまでもテーブルの上に置いておかず、すぐに帰宅し冷蔵庫へと入れる。
調理の際に、食材のニオイや味をチェックしておく。
賞味期限には細心の注意を払う。
あまり長い間置いておかず、早い段階で調理する。
これくらいのことをしておくだけでも、かなり食材が傷む可能性が低くなります。

梅雨に傷みやすい食べ物

いくら念入りに対策を講じ、気を使っていても、梅雨時には傷む食べ物がどうしても出てしまいます。
まして傷みやすい食べ物であれば、尚の事可能性が高くなってきます。
梅雨時に傷みやすい食べ物にはどんなものが挙げられるのでしょうか。

まず、カビが生えやすく、すぐに傷む食べ物の代表といえばパンでしょう。
特に食パンはカビの温床となりやすい食べ物です。
水分が意外と多く、雑菌が繁殖しやすいのが主な理由です。
特に、一度水分に触れてしまうとそこからカビが繁殖してしまい、一気に傷みやすくなります。
食パンはオーブンやトースターで焼くことを前提としておけば冷凍保存しておくことができるので、ある程度の量を購入した場合は、冷凍保存をおすすめします。

そんな食パンに付けるジャムも、カビが発生しやすい食材です。
水分が豊富なので、かなりの速度でカビが進行します。
フタをしっかりと閉め、冷蔵庫に保存しておきましょう。

チーズもカビが生えやすい食べ物のひとつです。
元々、ブルーチーズのようにカビを利用した種類のものもあるチーズですが、購入後に発生したカビが安全であるはずもなく、注意が必要です。
また、お餅にもカビが生えやすいので注意しましょう。
意外なところでは、味噌も傷みやすい食材です。
白いカビが表面に吹くことがあるので、毎日しっかりとチェックしておきましょう。

基本的に、水分を多く含む食材や料理はすぐに傷むと考えたほうが良いでしょう。
レタスなどの生野菜も傷みやすいので、管理には注意が必要です。

梅雨の食中毒に注意!食べ物を傷めないためには!?

食べ物が傷みやすい梅雨時には、調理をする上で細心の注意が必要です。
その際、ポイントを誤ってしまうと、いくら気をつけていても、食中毒という最悪のケースが発生する可能性があります。
これを回避するためには、保存方法だけではなく、料理の段階でもケアが必要です。

まず、まな板に着目しましょう。
まな板は食中毒の原因となる雑菌がこびりついている可能性が高いので、常に清潔にしておく必要があります。
食材の方にばかり目がいって、こちらをおろそかにしていると、痛い目にあいます。
実際、飲食店で発生する食中毒の多くは、まな板の衛生管理に問題があるといわれています。
洗剤でしっかりと洗い、最後に熱湯で消毒をしましょう。
また、手洗いも重要です。
梅雨時に限らず、調理をする前には必ず手を洗いましょう。

調理の際にまず気をつける事は、生野菜やフルーツなどの水分が多いものをお弁当や作り置きの料理に使用しないということです。
また、お弁当を作る場合は特にそうですが、料理を詰め込みすぎないことも重要です。
お弁当は、持ち運びの際に傾くことが多く、場合によっては汁が全体に飛び散り、水分が全体的にまわり、雑菌が繁殖しやすい環境ができてしまうからです。
なるべく、隣のおかずやごはんに水分が飛ばないよう、容器を小分けするようにしましょう。

さらに、傷みにくい食材をチョイスするというのも有効です。
傷みやすい食べ物が存在する一方で、傷みにくい食べ物というのも存在しています。
たとえば、水分が少ない乾麺などが傷みにくい食材となります。
こうした梅雨時に強い食材を上手く活用しましょう。

梅雨の時期のヘアケア

梅雨時の悩みのひとつとして、ヘアケアを挙げる人はかなり多いのではないでしょうか。
普段はさほどクセ毛ではないという人でも、梅雨時だけはモワッと広がってしまうということは多いようです。
湿気が急激に増す梅雨時は、ヘアケアが非常に難しい時期なのです。

そもそも、湿度が高いとなぜ髪の毛が広がってしまうのかというと、髪が傷んでいるからです。
キューティクルが剥がれていると、そこから髪に水分が浸入して溜まってしまい、そこが膨張して髪の毛がうねります。
そうなると、髪の毛が直毛ではなくなり、結果的に広がってしまうのです。
つまり、キューティクルが破壊されているということが、湿度の高い時期にヘアケアで苦労する最大の要因となっているというわけです。

よって、梅雨時期のヘアケア対策として最も有効なのは、キューティクルを保つということになります。
とはいっても、これは意外と大変です。
梅雨に入る前あたりから、髪の毛が傷みやすい季節になっているからです。
これは、冬の乾燥期が伏線になっています。
冬場に乾燥した日が続き、春になって梅雨前あたりから湿度が急上昇すると、気候の変化に伴い、髪の毛が傷みやすくなるのです。
さらに、梅雨時にはUVが強くなり、これが髪の毛の最大の敵となります。
この自然現象を防ぐのは、かなり難しいといわざるを得ません。

そのため、ヘアケアは広がった髪を抑えることが重要となります。
ドライヤーを上手く使い、適度に髪の毛の水分を飛ばしておけば、広がりは収まります。
しかし、外出時にはドライヤーは使えません。
その場合はブラッシングをこまめにすれば、水分を均等に伸ばすことができます。

梅雨対策グッズ

湿度が高い、雨が多い、カビが生えやすい、食べ物が腐りやすい等々、梅雨の時期には様々な問題が起こります。
そのため、そういった時期に対応すべく、近年では様々な梅雨対策グッズが生まれ、好評を博しているようです。
ひと言で梅雨対策グッズといってもその種類は多種多様で、たくさんのグッズが存在しています。

梅雨時によく購入される対策グッズとしては、部屋干し用の洗剤や香りの豊潤な柔軟剤、あるいはカビ取り剤といった消費物が人気なようです。
また、制汗スプレーやコスメ商品も人気ですね。
これらの梅雨対策グッズのキーワードは「香り」です。
梅雨時の特有のニオイをなるべく消すようにと、香りが強めの商品が高い人気を集めています。
そのため、芳香剤や消臭剤、アロマなどのグッズも、梅雨時にはかなり売り上げが伸びると言われています。
香り豊かな入浴剤も、よく売れているようです。

また、除湿シートや除湿剤も人気です。
これに関しては、梅雨時ならではの商品といえます。
人間の体感気温は、湿度10%下がるごとに気温1度下がるのと同等と言われています。
そういう意味でも、除湿は重要です。

この他にも、お弁当用の腐敗防止シートや保冷剤といった食中毒対策のグッズも売れています。
食べ物に最も敏感になる梅雨時は、とにかく腐敗を防ぐことが重要です。
そのため、腐敗しにくい冷凍食品が人気を集める時期でもあります。
また、部屋干し用のハンガーやスタンド、あるいは防水スプレーなどといったグッズが高い人気を集めているようです。

レインブーツが梅雨時期には大人気!

雨の日が多い梅雨時は、衣料品に関しても梅雨対策の商品が人気を集めます。
この部門で圧倒的なシェアを誇るのは、やはり傘です。
とはいえ、傘に関しては梅雨時に限らず、一年中必要な物なので、あえて梅雨前に購入する必要はないと考える人も多いのではないでしょうか。
ただ、傘を使う頻度が圧倒的に増すこの時期には、ふつうの傘ではなく、よりファッショナブルで、より流行色の強い傘が人気を集めます。
傘もひとつのファッションアイテムという考え方になってきているようです。

傘以外では、レインコート、レインブーツが人気です。
レインコートは、雨の中で傘をさせない仕事をしている人、自転車通学の学生、子供などに需要があります。
最近は、水分を完璧に弾く優れた素材のレインコートが人気で、値が張るものの保温効果が高く、冬場にはコート代わりに着ることができる物も増えています。

そして、そんなレインコートのシェアを越えるくらいに近年高い人気を集めているのが、レインブーツです。
雨の日に履く靴といえば、ある程度上の世代の人であれば、長靴を連想しますよね。
基本的な形状としては、レインブーツも長靴も大差はありません。
ですが、レインブーツはよりファッション志向の高い、デザイン性を重視した靴となっており、女性に高い人気を集めています。

レインブーツが流行となったのは2000年代後半です。
海外の有名ブランドがレインブーツの開発に力を注いだこともあって、日本でもかなり流行り、定着しました。

梅雨時に必須の家電製品

湿気が非常に多くなる梅雨には、「乾燥」がひとつのキーワードとなります。
家の中を乾燥させるための方法は様々にありますが、一番手軽に行えるのは、家電の力を借りるという方法です。
ある程度のコストはかかりますが、それと引き換えに、快適な日常を得ることができます。
そのため、梅雨時には乾燥機能を有した家電製品が非常によく売れるそうです。

梅雨時に人気の高い家電製品には、エアコンと除湿機が挙げられます。
エアコンは暑さが増す7月がピークといわれていますが、除湿効果もあるため、梅雨前に購入する人も多く、梅雨対策家電として人気を博しています。
除湿機に関しては、この時期のシェアが圧倒的です。
エアコンよりは電気代が少なくて済むので、とりあえず湿度を落としたいという人には向いている家電といえます。

この他にも、扇風機や空気清浄機、布団乾燥機、洗濯乾燥機などが梅雨時には人気です。
扇風機はエアコン同様、暑さ対策のグッズとして購入される一方で、換気、除湿効果も期待されています。
特に東日本大震災以降は省エネが必要な時代とあって、扇風機のシェアは急激に増しているようです。
布団乾燥機や洗濯乾燥機は、外に布団や洗濯物を干せない日が続く時には重宝します。

空気清浄機は、2000年代後半から一気にシェアを伸ばしています。
テレビ番組で頻繁に取り上げられるようになり、それから注目度が飛躍的に増しました。
高価な空気清浄機は除湿機能もしっかりと搭載しており、ランニングコストも最小限なので使いやすいというメリットがあります。

まとめ

梅雨における最大の悩みといえば、洗濯物ですね。
室内で干すとどうしても乾きにくく、また曇りの日に外で干しても乾きが遅いなど、困った状態が続きます。
特に、室内では干せない布団などは、かなり苦労します。

雨に特化した問題点としては、外出時に濡れてしまう、傘を手放せない、ペットの散歩が大変、などの問題が生じます。

梅雨時期の最大の問題となるのは、湿度の上昇です。
この弊害は厄介で、特に食事に関しては、細心の注意を払う必要があります。

梅雨の時期はどうしてもカビが増えるので、水まわりの掃除が大変になりますが、それ以上に食べ物が傷みやすくなるという点が、悩みの種となります。
特に、小さいお子さんを抱えた家庭では、誤って傷んだ食べ物を食べさせたり、カビの生えたパンを食べてしまったりする子供が増えて、体調不良の原因となります。
ジメジメして蒸し暑い状態で、温度が急激に下がる日も多く、ただでさえ体調を悪くしやすい時期ですから本当に注意が必要です。

こうした梅雨時の問題点は、創意工夫を施すことでかなり改善できます。
コストを抑えた中で、これらの対策をしっかりと行えるよう知識を蓄えていきましょう。

 

スポンサーリンク

 - 梅雨 , , ,