奥武山公園の駐車場や駅は?ランチやグルメやカフェは?遊具?イベントも!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

奥武山公園は、沖縄県民もオススメする子連れお出かけスポットです。
体を使って遊ばせることは子供の成長に欠かせない大切なことです。
でも、最近は遊具から落ちてけがをしたからと言って、遊具が撤去されてしまうことも少なくありません。
子供から遊具を取り上げるのではなく、安全に遊べる工夫をすればいいのです。
そんな公園が那覇にもありました。奥武山公園です。

 

 

奥武山公園の所在地や駐車場等の基本情報

子連れお出かけスポットの奥武山公園は、モノレール奥武山公園駅と壺川駅からすぐのとても広い公園です。

公園の中には、プロ野球の公式戦も行なわれるセルラースタジアムやテニスコート、野球場、弓道場、プールなどがあります。

いつもスポーツを楽しむ人々で賑わっていますし、「那覇大綱挽」や「産業まつり」などのイベントの会場にもなります。

那覇空港から車で5分ほど、モノレールで空港まで直行できるので、搭乗手続きまでの時間調整に利用する旅行者もいます。

近年整備された青空パークとナンジャイムとりでは子供が大喜びの複合遊具です。

公園なのでいつでも開いて無料です。

駐車場はイベントの時は使用できませんが、普段は400台ほどのスペースがあります。

 

住所は那覇市奥武山町52。

那覇市奥武山町52

 

 

奥武山公園は子供向け遊具が楽しいよ!

青空パークは、2~6歳程度の子供向けに作られた遊具です。

遊具の下にはゴムマットが敷いてあるので、少しくらいなら転んでも大丈夫です。

小さめに作られたジャングルジムとすべり台がくっついた遊具は子供だけで遊ばせられるので安心です。

 

小学生くらいなったら、青空パークから階段を昇ったところにある、ナンジャイムとりでがあります。

ロープで作られた大きなジャングルジムにすべり台やなわの橋がつながっています。

長いすべり台は程よくカーブしているので、スピードが出すぎません。

 

子供たちだけで安全に遊べるので、大人たちは遊具の外からのんびりと見守りましょう。

近くの幼稚園や小学校の遠足にも使われます。

体を使って思い切り遊べば、ご飯もおいしくなりますし、夜は早く眠ってくれます。

 

奥武山公園のトイレなどの設備は!?

トイレは公園内にたくさんあります。

きれいに整備されているので、安心して利用できます。

青空パークの近くのトイレには、おむつかえシートもあります。

公園内は平らなところが多いので、ベビーカーでもストレスなく移動できます。

 

冬になれば、マラソン大会に参加する人々がジョキングコースでランニングをしています。

走りやすいようにラバー素材のコースがあるので、とても人気です。

子供連れの場合はランナーに注意してください。

 

冬の時期はプロ野球のキャンプ地になります。

混みあうこともあるので注意してください。

 

セミやトンボもたくさんいるので、虫取りをしても楽しいです。

 

自動販売機は各所にありますが、沖縄は4月から10月は半袖で過ごせるほど暑いので、水分補給は常に行ってください。

 

奥武山公園の内外のランチとカフェは!?グルメ処は?

公園内に売店は3カ所ありますが、営業時間が短いこと、定休日があるので、いつも開いている訳ではありません。

 

青空パークの近くの売店「えんむすび」はお昼ごろから営業します。

おにぎりやかき氷程度なので、軽く食べたい方に向いています。

もっと小さい子供が食べやすいものはありません。

 

奥武山公園の道路の向かいに、コンビニと焼肉店などの飲食店が並んでいます。

食堂もありますので、ゆっくり食べたい、メニューを選びたい方はそちらを利用すると良いでしょう。

橋を渡ると壺川駅も利用できます。

壺川駅周辺にも沖縄そばの店やピザ店などがあります。

奥武山公園周辺にはアップルパイが有名なケーキ店、コーヒーの美味しいカフェなどもあります。

 

 

沖縄の地元民オススメの奥武山公園まとめ

奥武山公園は、那覇空港から車で5分、モノレール奥武山公園駅からすぐのアクセスのよい、とても広い公園です。

小さい子供から小学生くらいの子供が夢中になって遊べる青空パーク、ナンジャイムとりでは安全に作られています。

年中無休で無料で利用できます。

駐車場も広く、使い勝手が良いです。

公園内の売店は軽食程度なので、近隣の飲食店を利用すると良いでしょう。

奥武山公園は、沖縄県民も良く行く、子連れお出かけスポットとしてオススメです。

旅行のついでに、遊んで行けば、さらに楽しい想い出が増えることでしょうね。

 

 

スポンサーリンク

コメント