地元民オススメの相模原市のモクモクパークは、雨でも親子で楽しめます!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

とにかく子どもは元気です。

公園に遊びに連れていきたいけど、これからの時期は暑いし、熱中症も心配です。

かと言って家に閉じこもるのは、子供も大人もちょっと辛いですよね。

そんな時にオススメのスポットが、モクモクパークです。

天候を気にすることなく親子で楽しめるモクモクパークを地元民が紹介していきます。

 

モクモクパークの基本情報(所在地、営業時間、料金、駐車場情報等)

モクモクパークは、天然木材を使った住宅を建築している夢ハウスパートナー「木育の家」が運営する多目的ルームです。

神奈川県相模原市中央区下九沢58-1にあります。

 

神奈川県相模原市中央区下九沢58-1

 

隣にはヤオコーや、西松屋、ダイソーなどが入ったショッピングモールがあります。

 

最寄駅は相模線南橋本駅で、徒歩15~20分程度です。

駐車場もあるので、車の方が便利だと思います。

 

受付時間は、10時から17時です。

毎週水曜日が休館日で、その他臨時休業や、貸切のため、利用できない事があります。

 

料金は、会員登録料として初めに一世帯1000円支払い、その後は利用する度に200円かかります。

時間制限はありませんが、一度外出するとまた200円かかります。

また、1時間1500円で貸切する事もでき、子育てサークルの集いなどとしても使用できます。

 

公式サイト ⇒ https://www.mokumoku-park.com/

 

もくもくパークには、どんなおもちゃがあるの?

天然木材を使った住宅を建築しているだけあって、置いてあるおもちゃは木のものばかりです。

床も木で、靴を脱いで利用しますが、子どもたちは裸足で遊んでいる子が多いように感じます。

滑り台や、木のボールプール、おままごとやコマ、木のパズルなど赤ちゃんから幼児まで、木育を体験できます。

天然の木材でできているので、温かみがあり、触っていてとても気持ちがいいです。

大人も癒される空間です。

トイレも綺麗で、オムツ交換台や、オムツ用のゴミ箱もありますが、授乳室はありません。

赤ちゃんや幼児くらいの子どもが多いので、ゆったりとした空間です。

土、日はご家族で来ている方もいます。

食べ物や飲み物は持ち込み不可ですが、館内に自動販売機があります。

 

モクモクパークで、木育を体験!

1歳と4歳の娘と一緒に行きました。

上の子は滑り台や木のボールプール、下の子は、木の玩具で遊んでいても、目の届く範囲なので、それぞれ楽しんで遊んでいました。

 

木のボールプールには、星座が描かれているボールが12個あり、上の子と一緒に探して遊びました。

なかなか見つからず、大人の私も夢中になってしまいました。

 

木の滑り台は、子どもたち2人とも大満足で、何回も滑っていました。

木だからなのか結構スピードが出て、それがまた楽しかったようです。

 

また、滑り台の下は、ちょっとした基地のようになっていて、そこに隠れたり、おままごとしたりと、子どもたちも大興奮でした。

同じくらいの年齢のお子さんもいたので、一緒になって遊ぶこともできました。

 

もくもくパークのまとめ

木のおもちゃは高くてなかなか手が届かないので、モクモクパークで、木の温もりを感じながら、木育が体験できるのはとてもいいなと思います。

そして、何より、天候を気にせずに遊べるのが魅力的です。

また、大人も楽しめて、癒され、そして同世代の子どもを持つ親御さんにも出会えるのもとてもいいなと思います。

ぜひ、子どもたちと一緒に行ってみてください。

 

 

★神奈川県相模原市で子連れで遊べる人気スポット

県立相模原公園のアスレチック・ふれあい動物園・プールなど地元民が教えます。

スポンサーリンク

コメント