友達の結婚式を欠席するときの断り方は!?ラインやメールの例文

スポンサードリンク

スポンサードリンク

学生時代の友人から結婚式の招待状が・・・

しかし、何年も疎遠なことがあり、今更出席するのって・・・!?

 

そんなことがありますよね。

 

しかも、金欠でご祝儀代が出せない場合には、結婚式への出席を悩んでしまいます。

 

おめでたいことではあるのですが、疎遠気味だった友人と今更再開…と言うのもあまり乗り気にならない場合、どのように欠席をすると気を悪くさせないだろうかなど、考えてしまいますよね。

 

今回は、どのような理由で断るとスマートに断ることが出来るのかについて、まとめました。

友達の結婚式の断り方!ラインでの例文

 

疎遠だった友人から久しぶりにラインが来て、会話に花が咲いた頃に…

 

「○月結婚することになったから報告だよ。

結婚式に来てほしいんだけど、招待状送っておいいかな?」

 

と来た場合…

 

ラインで断るにはどのように断るのが最もスマートなのか考えてしまいますよね。

 

ラインってフランクな感じがしますが、フランクな感じで断るのはよくありませんよね。

 

でも、打診のラインが来た時点で、あっさりと断っておくと、後でズルズル引きずることなく、すぐに解決します。

 

「結婚おめでとう!招待してくれてありがとう。○○ちゃんの花嫁姿を見るのすごく楽しみなんだけど…仕事の研修と日程が重なってしまっているので、行くことが出来ません。ごめんなさい」

 

と、はっきりと断るのがベストです。

 

おめでとうの言葉を最初に言うのがポイント。

そして、迅速にはっきりとお断りするようにしましょう。

 

そこで、本当に友達であれば、その後もラインを通してつながるだろうし、友達でないならそこで切れてしまうのだと思います。

 

友達の結婚式の断り方!メールでの例文

 

近い友達であれば、金銭的に難しい場合にも、本当のことは言わず、メールで断った後に、直接会ってお祝いの品を渡すようにするなどフォローをするだけでも、今後の関係は続くと思います。

 

しかし、仮に結婚式に出席し、ご祝儀を渡してお祝いをしたとしても…その後疎遠になることがあるのも現実…

 

その友人と、今後もお付き合いをしていきたいと思う人であれば、直接会ってお祝いをするなどのフォローは欠かさす行った方がいいと思いますが、苑までの中でなければ、お知らせが来た時点でメールではっきりと出席を断っておきましょう。

 

メールでの例文もラインと同じような内容で大丈夫だと思います。

招待状を送っていいかの確認でメールをすることがほとんどなので、欠席をメールで送るのはマナー違反ではないと言われています。

 

「この日はどうしても外せない先約があり、都合がつかないため欠席します。」

 

この文章が一番上手にお断りする方法だと思います。

 

私の結婚式での友人の欠席理由にあ然!?

実体験ですが、ちょっと凹む内容の欠席理由がありました。

 

招待状を送りたかったのでメールで打診した時の友人の一言。

 

「結婚おめでとう!結婚するんだね~!

招待してくれてありがとう~!

ぜひ参加したいんだけど、

結婚式に切るワンピースが入らなくなっちゃって、

ダイエットが間に合いそうにないから

欠席してもいいかな・・・?」

 

…と言われて、欠席されました…

 

なんだかなぁ…

と言う気持ちに…

 

しかし、その後お祝い品とご祝儀をいただきました。

その時に合った友人が、本当に一回り程全体的に成長していて、お断りされたことへのショックよりも、彼女の成長への驚きの方が大きかったです。

 

今でも、彼女とはたまに連絡を取り合っています。

 

友人の結婚式の断り方のまとめ

 

いかがでしたか。

昔は、いきなりハガキが送られてくることが当たり前でしたが、

今ではSNSも普及しだして、

メールやラインでお断りすることが当たり前のようになっています。

 

お断りする時には、

やんわりと理由を話して、

迅速にお断りするようにしましょう。

 

スポンサーリンク

コメント