クリスマスとはそもそもどんな意味なの?子どもに説明するには・・・

スポンサードリンク

スポンサードリンク

一年で最も大きいイベントのクリスマスは子供も大人も楽しみにしていますよね。
そのクリスマスですが、どのような意味があるのか知っていますか?
そこでクリスマスの意味や由来について紹介したいと思います。

クリスマスの本当の意味は?そもそもどんな由来があるのか?

クリスマスは12月25日に行われますが、なぜなのでしょう。

クリスマスの意味はイエス・キリストの誕生を祝う日ということです。

キリスト教徒の誕生をお祝いする礼拝が世界中に広まり、
Christ(キリスト)とmas(ミサ=礼拝)が組み合わせてクリスマスになったのです。

他には古代からローマで行われていた「冬至の祭り」が関係しています。

当時のローマでは太陽を神と崇める太陽信仰を行っていましたが、
秋から冬にかけて日照時間が短くなることで死が近くなると恐れられていました。

冬至を境に日照時間が長くなるので、太陽の復活だとお祝いしていたのです。

やがて冬至の祭りが、イエス・キリストの誕生日としてお祝いすることになったのです。

しかし、イエス・キリストの誕生日にはいろいろな説があり、正確な誕生日は不明です。

 

クリスマス・イブの意味とは?

クリスマス・イブはクリスマスの前日と思われがちですが、
イブは英語でイブニングのことで、夜という意味を略称してイブになっています。

なのでクリスマスの「前夜」という意味になり、12月24日の夜のこと言います。

クリスマスは12月24日の夜に始まり、25日の夜まで続くということです。

子供にクリスマス・イヴの意味を聞かれたら、
イヴは夜という意味で「クリスマスの前の日の夜」と説明しましょう。

 

クリスマスとはそもそも何んなのか?子どもに上手く説明するには・・・

大人でもクリスマスの意味を理解したり、
説明したりするのは難しいですよね。

難しいことを子供に説明することはもっと大変です。

簡単に伝えるにはどうすればいいのか、
分かりやすい説明を紹介します。

 

★伝えるポイントとしては、
① クリスマスはイエス・キリストの誕生を祝う日。
② サンタクロースのモデルになったのは聖ニコラウス。
この2つです。

 

サンタクロースのモデルとなった聖ニコラウスは、
4世紀ごろに実在した神父です。

 

裕福だった聖ニコラウス神父はある家族のために、
こっそり煙突から家の中に金貨を投げ入れました。

このおかげで家族は仲良く暮らせるようになりました。

このときに、たまたま投げ入れた金貨が、
暖炉にかかっていた靴下に入っていたので、
サンタクロースのプレゼントは、
靴下に入れられると言われるようになりました。

 

このエピソードを使って、
5歳くらいの子供であれば、
「クリスマスの意味はイエス・キリストの誕生をお祝いする日。
クリスマスにプレゼントをもらえるのは1年間で、
良い子にしてる子に優しいサンタクロースが頑張ったねって、
プレゼントをくれるんだよ。」
と伝えましょう。

 

クリスマスやサンタクロースの意味が分かる絵本もたくさんあるので、
絵本を読みながらクリスマスの意味を伝える方法もあります。

自宅をクリスマスグッズで飾りつけたり、クリスマスツリーを飾ったり、
クリスマスの歌を歌うなど五感で感じられる方法で伝えると、
「これがクリスマスか!」と感じることができます。

 

まとめ

クリスマスの本当の意味や由来と、子供へ伝えるための説明をまとめてみました。

キリスト教徒でもないのに、子供にイエス・キリストのことを
無理に教える必要はありません。信者でもないので伝えることは難しいです。

クリスマスはプレゼントだけでなく、街全体もクリスマス一色に彩られて、
あちこちからクリスマスソングが聞こえてきます。

子供に伝えるには五感で感じたほうが伝わりやすいです。

 

スポンサーリンク

コメント