ローストビーフから赤い肉汁が!?これって生焼け?食中毒は大丈夫か?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

パーティなどで人気のメニューのローストビーフ。

柔らかくてとっても美味しいですよね!

でも、肉の断面が赤いのが気になりませんか?

「これって生焼けじゃないの?」

「食べても大丈夫?食中毒は?」

ローストビーフの赤い部分は何なのか?

疑問を解消します!

ぜひ参考にしてくださいね。

ローストビーフの赤い肉汁は生焼け?食中毒は大丈夫か?

お肉が赤いと、「ちゃんと加熱しなきゃ!」と思いますよね。

鶏肉や豚肉はしっかり加熱しないと、食中毒の危険があります。

実は、ローストビーフは生肉ではないんです。

作ったことがある人はわかると思いますが、

ローストビーフの外側は高温で、内側は低温で調理します。

お肉は加熱すると、灰色になりますよね。

これは肉のタンパク質が、熱によって変化するからです。

ローストビーフの内側は、

タンパク質がほとんど変化しない程度のじっくり低温調理で作るので、

外側は灰色で内側は赤く仕上がるのです。

この赤さは「ロゼ」と言われていて、この部分があることで、

ジューシーで柔らかなローストビーフになるんです。

なんだかロゼと聞くとワインを想像しますよね。

ロゼは薄ピンク色なので、あの色からとったのかもしれません。

お肉は焼くことで火が通り、タンパク質が固まります。

ロゼは血が固まらずタンパク質だけが固まっていることなんです。

ステーキでもレアステーキってありますよね?

あれは表面をサッと高温で焼いていて、中身は生です。

ロゼは中身も火が通っている状態なので、レアステーキとは違うんです。

ローストビーフは時間が経つと赤い肉汁が出ますよね。

あれは血液ではありませんので安心してください。

「ミオグロビン」というタンパク質のひとつで、

牛の筋肉に含まれる水分と合わさって、血液そっくりの赤い液体になります。

これは人体に影響が出るものではないので、大丈夫ですよ。

ローストビーフだけではなく、あらゆる食品に食中毒の危険はあります。

それはしっかりと細菌が繁殖しないように加工して取り扱いがされているかどうか。

不衛生だとどんな食品でも食中毒の可能性があります。

ローストビーフは表面だけでなく、内側にも火を通して作るので

菌は死滅しているので安心です。

そもそも牛肉は豚肉のように、人に影響のある寄生虫はいません。

豚肉は火をしっかり入れないと、寄生虫から食中毒になる可能性があります。

牛肉は外側に菌がついていても表面はしっかり焼きますし、

中には影響を与える寄生虫はいません。

ロゼは外側も内側も火が通っているので、安心ですよ。

 

ローストビーフの赤い肉汁の原因と対策

「食べても大丈夫といっても、やっぱり気になる!」という方。

ローストビーフは作ってからすぐ切らないで、

30分以上置いて、休ませてから切るとほとんど肉汁は出ませんよ。

上記で牛肉には外側に菌がいると書きましたが、

必ず焼いて食べるので菌は死滅します。

ですが、肉の表面に菌が入りこむ可能性があります。

ローストビーフを切ったら、内側も表面にでてきますよね。

火を通して作ったものですが、切った時点で細菌の感染になってしまう可能性もあります。

対処法としては早めに食べること。

食べる分だけ切って、残りはすぐ冷凍すること。

保存は冷凍庫で1~2週間。

さほど風味も落ちずに保存できるのでオススメです。

ローストビーフは生ではありませんが、普通にしっかり火を通した肉と比べると

火の通り度合いは低いものです。

どんな食品もそうですが、開封したらすぐ食べる、

取り扱いなど衛生面に気を付けることは鉄則です。

 

生焼けとレアの違いって、どうやって見分けるの?

自分で調理した時に、どうやって見分けるか。

ひとつは、焼き立てのローストビーフに竹串を刺して確認する方法。

竹串を中央部まで刺して、すぐ引き抜いて下唇に当ててみてください。

「熱い」と感じれば火は通っています。

「冷たい」や「生暖かい」だと、もう少し焼いてください。

もうひとつは、切ったときの色で見分ける方法。

中が薄いピンク色なら、ロゼの状態ですので生焼けではありません。

ちなみに焼きあがったローストビーフは、

冷蔵庫に入れないで、常温でゆっくり冷ましてくださいね。

しっかり冷めてから切ると、綺麗な断面になりますよ。

 

まとめ

ローストビーフは火が通っているので安心。

ですが取り扱いには充分気を付けてくださいね。

クリスマスやおもてなしにもバッチリなローストビーフ。

美味しく楽しんでくださいね。

 

スポンサーリンク

コメント