ヒートテックは夏に着れるのか?冷房対策ならコレだ!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

暑い夏の時期。

クーラーなどの冷房はすごく重要になってきますよね。

 

しかし、冷房が効きすぎて体を壊しそうになる恐れもある事から、冷房対策に悩まされる人も増えています。

 

特に女性の方のほとんどは、ひざ掛けを利用してお仕事をされる方も多いと思います。

 

いろいろな冷房対策を取っている中で、実はヒートテックも冷房対策として、人気があると、最近ではひそかに話題になっています。

 

ヒートテックは、ここ数年話題になっている、ユニクロのインナーウエアのことを言い、今でも多くのインナーウェアやシャツなどが売れています。

 

ヒートテックと言えば、冬にしか活用しないものと言った認識もありましたが、夏でも冷房対策に活用されていたりと大人気です。

 

今回は、そんなヒートテックについてまとめました。

 

ヒートテックは夏に着れるのか?冷房対策ならコレだ!

ヒートテックって、冬に着るものなんじゃないの?

と言ったイメージをお持ちの方がたくさんいらっしゃると思います。

 

寒い時期に差し掛かるにつれて、ヒートテックが販売され始め、本格的に寒くなってきた時期には売り切れてしまいます。

 

冬のイメージが強いヒートテックではありますが、今では夏の冷房対策に、ヒートテックがひそかに話題になっていることは、上記でもお伝えしましたね。

 

夏の冷房対策の一つに、防寒インナーを着て体温をキープすることが大事だと言われています。

 

冷房のきついオフィスで、長時間勤務をしていると、冬の寒さの中にいるような感覚を覚えると思います。

 

そんな環境の中で体温調節をすることも出来ず、夏風邪を引いてしまう原因にも近づきます。

 

そこで、防寒インナーである、ヒートテックの出番がやってきます。

 

ヒートテックを使用することで、体温のキープと、冷房による風邪の予防をすることが出来ます。

 

しかし、本来は寒い時期の防寒対策に販売されているものなので、春から夏にかけてのヒートテックの販売は、あまりないかもしれません。

 

ヒートテックで冷房予防を考えている人には、早めの購入をするのがおススメですよ。

 

ヒートテックの夏版バージョンって売ってるのか?

冬などの寒い時期には、「ヒートテック」がおススメだと言われていますが、夏に購入する場合には、「サラファイン」がおススメです。

 

旭化成の呼吸する繊維「キュプラ」と東レの異形断面ナイロンを複合したハイテク繊維が使用されており、「キュプラ」が湿気を吸収し、衣服内を常に快適に保ちます。

 

また、異形断面ナイロンとの組み合わせによって、柔らかい風合いとさらさらの肌触りが魅力的です。

 

肌触りのさらさらなので、着ている感覚をあまり感じなくなるくらいだと言われています。

 

冷えにも強いので、冷房で悩まされる人にもおススメです。

 

汗や湿気を素早く吸収・拡散し、衣服内を常に快適に保つので、汗臭い臭いの対策にもつながります。

 

汗のにおいが気になる人には、ぜひ着てほしいインナーです。

 

女性用だけではなく、男性用ももちろんありますよ。

 

男性用も、カラーバリエーションが豊富に取り揃えられていますが、女性用の方が、カラーバリエーションが豊富にそろっているように感じられます。

 

まとめ

 

ヒートテックと言えば、冬に着るものとしての認識が強いと思いますが、夏の冷房対策に来ている人も少なくはないようです。

 

夏は暑いです。

暑い季節には冷房は欠かせません。

 

でも、体温調節は人によって変わってくるので、一人一人に快適な温度で過ごせるわけではありません。

 

女性より、男性の方が、体温が高いので、男性に合わせて冷房調節されている会社の方が多いのではないかと思います。

 

ヒートテックもおススメですが、夏には「サラファイン」もおススメです。

 

体調を崩して風邪を引かないためにも、冷房対策として、ぜひ活用していただきたいですね。

 

スポンサーリンク

コメント