へそくりの語源と意味は?貯金との違いは?隠し場所はどこがいいの!?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

こっそりコツコツとお金を貯めて、誰にもその存在を知らせずに持っておく「へそくり」。

 

お金がコツコツと増えている実感が得られるのは最高に嬉しいものです。

何かがあった時のために…と思うと安心するというのもありますね。

 

でも、実際にへそくりをする隠し場所としてピッタリな場所と言えば、どのような所があるのでしょうか。

 

また、へそくりと貯金は、同じではないのでしょうか。

 

 

へそくりの語源と意味は?貯金との違いは?

 

お金を貯めるという意味ではへそくりも貯金も同じですが、それぞれにどのような違いがあるのか、気になりますよね。

 

へそくりとは、語源の説にあるように、昔は家族公認のお金だったようです。

しかし、今では家族に内緒にしているお金の事を表していることから、へそくりとは『家族に内緒のお金』というよう事だと言われています。

 

貯金は、家族が知っているお金のことを指しています。

しかし、銀行に預けることを預金と言い、郵便局に預けるお金のことを貯金と言われています。

 

へそくりも貯金もお金を貯めるというのは同じですが、違いを言うなら、『秘密のお金かどうか』に違いがあるようです。

 

結婚前に貯めたお金が入った口座をパートナーに言っていなかったり、親からこっそり貰ったお金を貯めているなどの場合は、貯金ではなく、へそくりになります。

 

旦那に内緒でへそくりするなら隠し場所はどこがいいのか!?

 

絶対にだけにも見つからない場所としておススメなのはどこなのか、実際にへそくりをしようと思った時には隠し場所に悩みますよね。

 

冷蔵庫の中?

トイレ?

タンスの中?

 

いろいろと考えると思いますが、おすすめな場所と言えば、意外に家計簿の中はおすすめです。

 

日々家計簿をつけるのは主婦の方だと思います。

そして、旦那さんが家計簿を見るということはあまりないと思います。

 

ノートなどに家計簿を付けているなら、その中に隠しておくのがおすすめです。

 

貯金用に、いくつかノートの中にポケットを作っておくのがポイントですよ。

 

最近では、インターネットバンクを利用することもおススメだとされています。

 

銀行などに行かなくても口座開設ができるインターネットバンクは、家に紙幣がない分見つかりにくいことから、へそくりを貯めておくのも一つの方法として、多くの人に人気があります。

 

コンビニのATMなどを利用して預金をするのですが、ここで気を付けてほしいことは、WEB決済などにし、家に出来るだけ郵送物が贈られてこないようにすることです。

 

銀行から送られてくる郵送物によって、へそくりをしているのがバレル可能性も考えられます。

 

特に、家族で使用していない銀行を使っている場合には、要注意ですよ!

 

私の周りでも、へそくりをしている人は多いです。

その中でも、特にあげられる場所には、下着が入った引き出しが多いようです。

 

下着が入った引き出しは、へそくりがなくても、自分以外の人には見られたくはないものですよね。

そして、人の下着をのぞく家族ってなかなかいないと思います。

 

ということから、自分の下着が入った引き出しにへそくりを入れる方が多いようです。

 

ハンカチや靴下を収納している引き出しに入れているという意見も聞きますね。

 

まとめ

 

へそくりについてまとめました。

へそくりと貯金は、似ているようで若干の違いがあるようですね。

 

でも、自分だけのへそくりがあるのって、なんだかうれしいものです。

自分だけが自由に使うことが出来るお金があるのは良いですよね。

 

でも、御主人に内緒でへそくりを作っているようで、御主人も同じようにへそくりを貯めているパターンもあるかもしれませんね。

 

へそくりを隠す場所についても、自分のものをしまっている場所に隠す人が多いようです。

 

家計簿に一緒に挟んでおくのも、おすすめの方法の一つだと言われています。

ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

コメント