バレンタインにlineでメッセージを送る時に片思いの男性の心に響く文例は?

スポンサードリンク

バレンタインに片思いの男性にチョコを用意していますか?

年に一度の、思いを伝えるチャンスです。

バレンタインにチョコを渡すというだけで、相手のことが好きだというのは伝わりますね。

しかしチョコだけじゃなく、相手の心に響くようなメッセージをlineで送るのはいかがでしょうか?

もうlineは私たちの生活になくてはならないものと言ってもいいくらいです。

そして気軽に送り合えるので、バレンタインに気持ちを伝えるにも使えそうですよね。

今回は、lineで送る素敵なメッセージを紹介します。

ぜひ参考にしてみてください!

 

バレンタインにlineでメッセージを送る時の注意点は?

バレンタインに送るlineは、かなり緊張しちゃいますよね。

どんなメッセージを送ったらいいのか悩んでいるうちに分からなくなってしまったり…。

そんな悩みが少しでも解決できたらいいなーということで!

メッセージを紹介する前に、ポイントをチェックしておきましょう。

・メッセージの内容は重くならないようにする

・長いメッセージにならないようにする

・感謝の気持ちをそえる

・ストレートな愛情表現は必ず入れる

・「ずっと一緒にいよう」など未来の話もあり

 

まずバレンタインは急な告白の場合が多いですよね。

びっくりする男性もいるでしょう。

そのため、あまり重い内容のメッセージはやめましょう。

だらだらと長すぎるのもおすすめしません。

「ありがとう」この気持ちを相手に伝えると、とても好感がもたれます。

男性は感謝されたり、お礼を言われると自分がすごい人のように感じて嬉しくなってしまいます。

それを利用しましょう!

そして、バレンタインのメッセージなので恥ずかしがらすストレートに「好き」という言葉をちゃんと伝えたほうがいいです。

男性はハッキリ言わなきゃわからないところがありますからね。

言ってしまえば、「大好き!」の一言でもいいくらいです(笑)

女の子に好きと言われて、だいたいの人は嬉しくなるはずです。

このポイントを意識して素敵なメッセージを片思いの男性に送りましょう。

 

 

バレンタインにlineでメッセージを送る時に片思いの男性の心に響く文例は?

Lineは気軽に遅れるメッセージなので、気持ちは伝えやすいのが良いところですよね。

しかし気軽な反面、一度送ったらメッセージは消せないので注意しなきゃダメです。

年に一度の思いを伝えるチャンスの日を、失敗で終わらせないためにも心に響くメッセージを送りましょう!

 

文例①

「〇〇くん!今日はバレンタインです。

いつも私が困っている時に助けてくれて、ありがとう!感謝しています。

これからもずっとそばにいてほしいです。

大好きです。付き合ってください!」

 

 

文例②

「〇〇くん!バレンタインだね!

いつも明るくて楽しい○○くんといると、私も明るい前向きな気持ちになれます。

ありがとう!これからも大好きな○○くんと一緒に楽しくお話したいと思っています。」

 

 

文例③

「○○くんに出会えたこと、とても感謝しています。

○○くんのことを知っていくたびに、どんどん好きになっていきます。

これからも○○くんの素敵なところをどんどん見つけたいな!」

 

 

文例④

「○○くん!本当に一番大好きです!

あなたと一緒にいると、とても穏やかで楽しい気持ちになれます。ありがとう。」

 

 

文例⑤

「初めて○○くんと会った時から、ずっと大好きです!

これからもずっと一緒にいたいな!」

 

文例⑥

「〇〇くんと出会えた私は今、とても幸せです。

大好きな人に出会えたことに感謝!○○くんも同じ気持ちだといいなー!」

 

 

もちろん、あくまでも参考にしてほしい文例ですので最終的にはあなたの素直な気持ちをメッセージにしてほしいと思います。

短くてもいいんです、相手のことが大好きだ!と伝わればそれで十分です。

会って直接伝えるのも大事だけれど、メッセージは残るものなので効果も期待できそうですよね。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

バレンタインにチョコだけでなく、lineで送るメッセージの文例を紹介しました。

Lineは気軽にメッセージが送れるけれど、失敗してしまっても消すことが出来ません。

紹介した文例を参考にあなたの気持ちを片思いの相手に、伝わるように素敵な分を考えてくださいね。

せっかくの年に一度の告白をするチャンスです。

チャンスを逃さず素敵なバレンタインデーにしましょう!

 

 

>>友チョコを手作りで作るならコチラへ

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました