唐揚げ・とんかつ・コロッケの温め直しの方法!カリッとサクサクになるコツは?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

揚げ物って美味しいですよねー!

唐揚げ、とんかつ、コロッケ…いろいろありますが何が好きですか?

家で作るのも美味しいけれど、スーパーなどで売っているものも美味しいんですよね。

安いし忙しいお母さんは、よく買って帰ったりしているのでは?

買って帰った揚げ物を家で温めて食べようとすると、べちゃっとしていたりしませんか?

やっぱり揚げ物はカリッとサクサクとしているものを食べたいですよね。

ということで今回は唐揚げ、とんかつ、コロッケの温め直しの方法について紹介します。

家でも美味しい揚げ物を食べるために、ぜひ参考にしてくださいね!

 

唐揚げをカリッと温め直しするコツは?

美味しそうな揚げ物をスーパーなどで買ってきても、家で温めなおすとなぜかあまり美味しくないと感じた事はありませんか?

とても残念な気持ちになってしまいますよね。

 

唐揚げが美味しくない原因は?

電子レンジで、一気にあたためようとしていませんか?

おそらく、そうしてしまうと唐揚げがべチャッとしてしまったのではないでしょうか。

その原因は具材から出てきてしまう水分のせいです。

一気に温めるのはやめましょう。

また、冷めた唐揚げは油分がたっぷり含まれています。

少しでも油のベチャベチャ感をふせぐために、キッチンペーパーなどで油を少しふきとっておくこともおすすめです。

 

原因が分かったところで、美味しく唐揚げを家でも食べる方法をチェックしましょう。

温め直しもカリっとさせるコツがあるので紹介しておきますね。

 

唐揚げをカリッと温め直す方法は?

「トースターを使う」

トースターを先に温めておきます。

クシャクシャにしたアルミホイルをトースターに敷いて、その上に唐揚げをおきます。

アルミホイルは油を受け止める役割をしてくれるので、使うようにしましょう。

唐揚げを2分ほど温めたら出来上がりです!

 

「グリルを使う」

魚を焼くときのあれです!グリルを使ってみましょう。

グリルに水を入れずに、油を受け止めるようにシワシワにしたアルミホイルをしきます。

揚げ物の上にもアルミホイルをかぶせることで、焦げないようにします。

弱火から中火で、様子を見ながらしあげてください。

 

「フライパンを使う」

油をひかずに、弱火でじっくりと揚げ物を温める方法です。

これはフライパンで炒めるだけなので、とても簡単ですね。

温めすぎて焦がさないようにだけ注意しましょう!

 

「電子レンジを使うなら…」

急いでいたり、時間がなかったりとどうしても電子レンジで唐揚げを温めたい時はラップをせずに温めるようにしましょう。

そして、短めの30秒ほどの時間であたためるようにします。

 

トースターや、グリルなどはちょっと手間がかかってしまうように感じますが美味しくなるのでぜひ試してみてほしいと思います。

 

 

 

とんかつ・コロッケをサクサクと温め直しする方法はないのか?

他にもとんかつやコロッケを温め直す時の方法もチェックしておきましょう。

もちろん、唐揚げで紹介した方法を試してもいいですが他の方法もチェックしておきましょう。

 

とんかつ、コロッケをサクサクに温め直す方法

オーブントースターで5分ほど温めるのですが、ただ温めるのではなくてコロッケに霧吹きで水をかけておきます。

そうすると、サクサクにしあがるのですよ!!

水をかけることで衣の中にある水分が蒸発し、空洞ができます。

それがサクサクとした食感になるというわけです。

これは、テレビでも紹介されたことがあるので知っている人もいるかもしれません。

まだ試したことがない人は、びっくりするのでぜひ挑戦してみてください!

 

こちらもどうしてもレンジを使いたい場合は、レンジで30秒から1分温めます。

そのあとにトースターで2~3分ほど温めます。

時短を重視したいなら、こちらの方法を試してみてくださいね。

 

まとめ

 

唐揚げを温め直すときのコツを紹介しました。

せっかく美味しそうな唐揚げを買ってきたのに、家で温め直すとべちゃっとして美味しくなかったりします。

お店の人もがっかりしちゃうかもしれませんよね。

ちょっと手間がかかっても、本来の美味しさで唐揚げを食べたい。

今回紹介したことを、ぜひ試してみてほしいと思います。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました