縦書きの数字の書き方は?漢数字で縦書きの住所や日付はどう書くの!?

スポンサードリンク

縦書きで文章や郵便物の住所を書くとき、

「数字の部分をどう書くか」

と、悩んだ事、ありませんか?

この悩みの原因は、
「縦書きの文章や住所に使われる数字は、書く人によってバラバラ」
だからだと思います。

漢数字の使い方って、何もルールがないの?

それとも、ルールがあっても、知られていないだけ?

年賀状や暑中見舞いなどを書く季節になると、いつも悩んでしまう住所などの「縦書き漢数字」の書き方を紹介いたします。

 

 

縦書きで住所を書く時、漢数字はどのように書くの?番地が4桁の場合は?

 

縦書きで郵便物の住所を書くとき、番地はどのように記入していますか?

 

1~9のような一桁の場合は、何も悩むことなく、普通に漢数字を使っていると思います。

 

では、二桁の場合はどうですか?

 

例えば、「十」と「一〇」、「三十」と「三〇」…これって、どちらが正解なのでしょうか?

 

調べてみると、なんと…どちらで書いても問題はない、ということでした。

 

答えがあいまい過ぎて、びっくりですよね!

 

しかし、この「あいまいさ」には、ちゃんと理由があるのです。

 

漢数字には、

 

・命数法

(漢字本来の書き方といわれているもの。

読んだ通りに書き、〇「ゼロ/レイ」は書かない)

 

・位取り記数法

(アラビア数字と同様に、数字を桁の順にそのまま書く)

 

という二種類の記数方法があります。

 

「登記」や「戸籍」などといった法的なものは、改ざんを防ぐために「命数法」を使うこととなっています。

 

しかし、それ以外の私的な文書に関しては、どちらの記数法を使っても問題がないのです。

 

ですから、「十」でも「一〇」でも、どちらも正しい、という、

あいまいな答えになってしまうのです。

 

でも、正直な話、どちらでもいいといわれても困りますよね…

 

そんなときは、「どちらの書き方の方がより読みやすいか」という視点で考えてみましょう。

 

例えば、

・「十二」「一二」

・「三十七」「三七」

それぞれ、どちらの方が読みやすいですか?

おそらく、「十」という文字を使っている方が、読みやすいと思います。

 

では、3桁の場合はどうでしょう?

・「三百六十五」「三六五」

・「百九」「一〇九」

これは、好みによって意見が分かれるところだと思います。

私としては、「三百六十五」「一〇九」が読みやすいかな、と感じます。

皆さんはどうですか?

 

このように、同じ3桁の数字でも、数字の組み合わせによって、読みやすい「記数法」が違います。

 

この辺りが、「どちらの記数法で書いても良い」といわれる理由の一つなのでしょう。

 

次に、4桁の場合を考えていきます。

・「千五百三十九」「一五三九」

・「二千三百三十五」「二三三五」

好みにもよると思いますが、「位取り記数法」で書かれた方が、すっきりとして、読みやすいかもしれませんね。

 

4桁の数字を「命数法」で書くと、それだけで文字数がかなり多くなってしまいので、住所がとんでもなく長くなってしまいます。

 

そうなると、住所が読みづらくなり、郵便局の人が困ってしまう可能性もあります。

 

郵便物の誤送を防ぐためにも、「なるべくシンプルに、読みやすく」をモットーに、4桁の番地の場合は、「位取り記数法」で記入した方がよいでしょう。

 

尚、漢数字を記入する場合

 

・漢数字では」「0(ゼロ)」ではなく「〇(レイ)」を使う。

(「0(ゼロ)」はアラビア数字)

 

・「一」「二」「三」は、縦につなげて書くと、文字の区切りが非常にわかりづらくなるので、

  1. 文字と文字との間を気持ち広めにする
  2. 「二」なら一画目「三」なら一画目と二画目を短く書く

など工夫をする。

 

以上の2点をお忘れなく!

 

縦書きの漢数字で日付の書き方は?西暦や和暦の場合は?

 

日付の場合も、住所の場合と同様、「これが正解」というものはみつかりませんでした。

 

ということは、住所の場合と同様、「読みやすさ」という観点から表記法を考えていけばよいということです。

 

例えば

・「平成31年」ならば、「平成三一年」よりも「平成三十一年」

・「2019年」ならば「二千十九年」よりも「二〇一九年」

それぞれ、後に書いてある方が、読みやすく、わかりやすいと思います。

 

これは、住所の場合と同様

 

・2桁なら、「十」の単位を表記した方が読みやすくなる

・4桁の場合、「千」「百」「十」という単位まで表記すると、文字数がとても長くなり、読みづらくなる

 

という理由からです。

 

以上のことから、

 

・和暦や日付は「命数法で」書く

・西暦は「位取り記数法」で書く

 

と覚えておくと、便利でしょう。

 

まとめ

 

私たちが漢数字をどう描くか悩む理由は、

 

・どの書き方が正解なのか、学習する機会がない

・表記法についての解釈が人により違うことがあり、あいまいになっている

 

ということからだと思います。

 

漢数字をどう書くか…悩んだら、読む人が読みやすいと思う方法を選んで下さい。

 

「命数法」「位取り記数法」のどちらでもよいので、まずは数字を書いてみて、第三者の目で冷静に見てみましょう。

 

一瞬でも「あれ?」と思ったり、「読みにくいな」と感じたりしたら、記数法を変えてみると、すっきり解決するかもしれません。

 

万が一、どちらの記数法もイマイチ納得できないようなら、思い切ってアラビア数字で記入する、という方法もありだと思います。

 

あまり神経質になりすぎず、「郵便屋さんごっこ」をするような気楽な気持ちで、どちらの書き方で漢数字を書くか、決めていきましょう。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました