チキンラーメンの卵入れるタイミングは?お湯の量は?アレンジ3選

スポンサードリンク

スポンサードリンク

すぐおいしい、すごくおいしい♪

のCMソングで有名な、チキンラーメン。

CMで有名なシーンといえば

どんぶりの蓋を開けると、「白身がとろっとろっに固まった卵がのったチキンラーメン」登場の名場面!

その名も、「しろたまチキンラーメン」というそうです。(なるほどね~)

こんなにおいしそうなものがお湯を入れるだけで簡単に作れるなら、と思い、CMのマネをしたことある人、多いのでは?

でも、実際やってみると、なかなかCMのようにはいきませんよね。

みんなのあこがれ「しろたまチキンラーメン」を簡単に作る方法ってないのでしょうか?

 

チキンラーメンの卵入れるタイミングは?お湯の量は?

調べてみると、同じ悩みを持っている人が、山のようにいることが判明!

卵を入れるタイミング・卵の入れ方などについて、かなり熱い議論が交わされているサイトもあるぐらいです。

チキンラーメンの製造会社「日清食品」にも、同様の質問がかなり寄せられているそうで、なんと、「日清食品」のHPで、「しろたまチキンラーメン」の作り方を動画で説明してくれています。

★その解説によると、ポイントは、大きく分けて3つ!

・チキンラーメンと卵はゆっくり慎重にセット
・どんぶりの温度が下がらないようにする
・お湯はそうっと、卵にかける

ということです。

具体的にどうしたら良いのか、詳しくみていきましょう。

 

まずは「卵ののせ方」です。

チキンラーメンには、「卵ポケット」がついていますよね。

この「卵ポケット」内に、きちんと収まるように上手に卵をのせる…これがポイントです。

コツは、

・どんぶりに、チキンラーメンをまっすぐ入れる
・卵を割り入れる時は、麺のすぐ近くから、そうっと軽く入れる

以上です!

 

なんだ、これだけ・・・⁉

 

と思うかもしれませんが、これ重要ポイントです。

 

卵を割り入れる時は、卵ポケットめがけて慎重に卵を入れている、という人、多いと思います。

 

でも、麺をどんぶりに入れる時は、どうですか?

 

少しでも早く食べたいと、チキンラーメンを急いで「えいっ!」と、勢いよくいれてしまっていませんか?

 

それでは、チキンラーメンが傾いてしまい、いくらゆっくり卵をのせても、白身が卵ポケットから飛び出してしまいます。

 

何事も焦りは禁物!

 

3分後の幸せを夢見て、ここは慎重に作業してください。

 

 

次は、「どんぶりの温度が下がらないようにする」です。

卵の白身が固まる温度は、60~80℃です。

60℃で固まり始め、80℃になると完全に固まってしまうとか。

ということは、あのCMのような絶妙な卵を作るには、チキンラーメンにお湯をかけてから、どんぶり内部を60~80℃にキープしておく必要があるのです。

チキンラーメン作りに欠かせないのが、熱湯。

ご存知の通り、熱湯の温度は100℃なので、間違いなく卵の白身は固まります。

でも、どんぶりが冷えていたら、いくら熱湯をいれても、出来上がりを待つ3分間の間、お湯の温度がどんどん下がってしまうんです。

また、中に入れる卵も、冷蔵庫から取り出したばかりのキンキンに冷えた状態のものを使えば、熱湯の温度を下げるのに大貢献してくれます。

 

熱湯の温度を下げるものはとことん排除すべし!

 

そのため、

・どんぶりを温めておく
・卵は常温に戻しておく

という、二つの作業が必要になってきます。

 

「チキンラーメンを作ろう」と思ったら、お湯を沸かす前に、まず卵を冷蔵庫から取り出しておきましょう。

お湯が沸くころには、卵はすっかり常温に戻っています。

そして、お湯が沸いたら、まずは何も入っていないどんぶりに熱湯を投入し、どんぶりを温めてください。

その後、どんぶり内のお湯を捨てたら、いよいよチキンラーメンの調理開始です。(といっても、お湯を注ぐだけなのですけどね。)

特に寒い冬は、この一手間が確実に「しろたまチキンラーメン」への近道となってくれますよ。

 

 

最後に、「お湯のかけ方」です。

「日清食品」のHPによると、これが最重要ポイントになるようです。

ポイントは、

ゆっくりていねいに、卵の白身にお湯をかけていく

ということです。

まずは、白身のふちっこを一周、ゆっくりとお湯をかける
次に、白身の内側から外側へ、やさしくお湯をかけていく

このように、卵の白身に集中して、お湯をかけてください。

すると、卵の白身の温度が高くなり、白身が固まりやすくなり、憧れの「しろたまチキンラーメン」が完成するのです。

尚、お湯をかける時は、鍋ではなく、やかんのように、口の細いものを使ってください。

その方が、お湯を少量ずつゆっくりとかけることができ、「しろたま」成功率が上がるとのことでした。

 

以上のポイントを頭にいれ、「しろたまチキンラーメン」作りにチャレンジしてくださいね。

 

チキンラーメンの簡単にできるアレンジレシピ3選

お湯をかけるだけで、いつでも気軽に食べられるチキンラーメンですが、同じ食べ方ばかりだと、さすがに飽きてしまいます。

そこで、チキンラーメンを使った、アレンジレシピ探してみました。

 

まずは、「卵でアレンジ」料理です。

チキンラーメン作り終わった後、ざるに入れて麺とスープを分離させます。

その麺に生卵をのせて、よくかき混ぜると、「カルボナーラ風チキンラーメン」の出来上がり‼

とろけるチーズを細かくカットしたものを、熱々の麺の内側に入れ、卵と一緒に混ぜて食べてもおいしそうですね。

また、卵黄にチキンラーメンを付けながら食べる「つけ麺風チキンラーメン」も、卵をしっかり味わえるので、卵好きにはたまらない一品です。

「生卵」に抵抗がある場合は、麺と卵とをフライパンで炒めると、「焼きそば風チキンラーメン」に、鍋にチキンラーメンと卵を入れ、卵をよくかき混ぜながら調理すると、「かきたま風チキンラーメン」になります。

お好みの野菜を加えると、栄養もおいしさもアップしますね。

 

次に、「スープに一工夫」のアレンジ料理です。

トマト缶とみそ、ニンニクを混ぜたものをレンチンし、いつも通りに作ったチキンラーメンに入れると、イタリアン風チキンラーメンが完成です。

お好みで、粉チーズやパセリをのせると、イタリアン風味がさらにアップして、おいしさもアップしそうですね。

また、生クリームや牛乳と水とを鍋に入れて沸騰させ、チキンラーメンを加えてさらに1分煮ると、クリーミーなチキンラーメンが作れます。

とろけるチーズを加えて、さらに濃厚さをアップさせたり、卵を加えてカルボナーラ風ラーメンにしたり、生クリームの代わりに豆乳を加えてヘルシーにしたり…アレンジの幅が広がりそうな一品です。

 

最後に、「そのままボリボリ」アレンジメニューです。

お好みのお肉と野菜をいためて味を付け、片栗粉でとろみをつけたものをチキンラーメンの上にのせると、チキンラーメンをかた焼きそば風に食べることができます。

通常のかた焼きそばは、麺に味がついていないため、上にのっている「あん」の部分をまんべんなく混ぜないと、最後はおいしさ半減…となることもありますよね。(私だけかもしれませんが…)

でも、チキンラーメンは、麺自体に味がしっかりついているので、少々混ぜ方を失敗しても、最後までおいしく食べることができます。

実はこの「かた焼きそば風チキンラーメン」、私は個人的にものすごく気に入ってしまいました。

明日にでも、チキンラーメンを買い、早速作ってみようと思います。

 

まとめ

私の実家は、なぜか「インスタントラーメン禁止」だったため、チキンラーメンのCMを見るたび、ものすごいあこがれの気持ちを抱いていました。

あの「しろたま」、ものすごくおいしそうにみえますもんね。

一人暮らしを始め、初めてチキンラーメンを食べた時、

「こんなに簡単に作れていいの?」

と、ものすごく不思議に思ったこと、今でもはっきりと覚えています。

「すぐおいしい、すごくおいしい~」

のCMソングは、本当にそうだったんだ!と感動しましたから(笑)

今では、チキンラーメンのアレンジレシピもたくさん生まれ、「チキンラーメンアレンジレシピ本」なるものまで発売されています。

みなさんも、自分好みのレシピを見つけて、ぜひおいしいチキンラーメンを食べてくださいね。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました