台風で物干し竿や台が飛ばされるか?飛ばされないための対策は?

スポンサードリンク

毎年大変な各地で大変な被害がでている台風…。

本当に怖いですね。

今までに経験したことのないような台風がくるかもしれない不安が毎年やってくる気がしています。

そこまで大きな被害にあわないとしても、強風などで物干し竿や物干し台が飛ばされてしまったという経験がある人もいるのでは?

隣の家に飛んでいったり、道路に飛ばされて二次被害が起こってしまっては大変ですよね。

今回は台風で物干し竿や台がとばされないようにするための対策を紹介します。

ぜひ参考にして、台風に備えてくださいね。

 

台風で物干し竿や台が飛ばされるか?飛ばされないための対策は?

実際に台風で物干し竿や台って飛ばされるの?

あまり台風の被害にあったことがない地域に住んでいる人は、あまり考えないかもしれませんね。

竿に関して言えば、軽いものでもないしそうとうな風の強さじゃないと飛ばないだろうと思いがちです。

しかし、竿をかけている部分からずれ落ちるということを想像してみてください。

片方がずれ落ちれば、もう片方もずれ落ちるでしょう。

そして強風で転がっていったり…。

物干し台に関しても、竿がずれ落ちが反動で台が揺れてバランスを崩してたおれたりするかもしれません。

やはり、飛ばされてしまうかもしれないということは考えておいたほうが良さそうですよ?

 

物干し竿が飛んでしまうことで起こる被害は?

物干し竿や台が飛んでしまうかもしれない!と言われても、ぴんとこない人もいるかもしれません。

現に私は毎回ほとんど台風の被害とは無縁の地域に住んでいます。

物干し竿や台が飛んでいってしまうほどの台風なんて、こないだろうと考えてしまっていました。

しかい実際にどんな被害がおこる可能性があるかを考えてみると、怖くなります。

例えば、物干し竿が風の影響で台から外れて飛んで窓ガラスを割ってしまうとか。

これは台風の勢力が強いときにおこると大変です。

家の中に強い風が入ってきてしまうような状態になってしまいます。

雨が降っていたらもっと大変ですよね。

想像しただけでもぞっとします。

 

 

台風で物干し竿や台が飛ばされないための対策は?

では、具体的な対策を見ていきましょう。

けっこう簡単に実践できるので、台風情報があればすぐにやっておくほうがいいかもしれません。

 

①竿は台から外して地面に置いておく

ストッパーがあるからといって安心してはいけません。

なるべく竿は台から外して下に置いておきましょう。

この時紐でしばるなどして、動かないようにしておくこともおすすめします。

 

②物干し竿固定グッズを使う

紐でしばっておくのもいいですが、ちゃんと物干し竿を固定するためのグッズが売られています。

ホームセンターでも買えますが、だいたい何でもそろう主婦の味方!100均にも固定グッズはあるので探してみてください。

結束バンドで固定するだけでも、対策になりますよ。

 

③物干し台に重りをつける

物干し台を倒れないようにするための、重りも売っています。

単純に土台を強固なものにすれば、倒れることも防げますね。

物干し台が倒れないようにすることは、台風以外のちょっと風が強い日でも対策になりそうですよね。

 

④できれば室内に入れておく

これが出来れば一番いいのですが…。

物干し台も軽めのもので動かすことが可能なら、室内に入れておくのが一番安全でしょう。

外に置いておくから風に飛ばされたりするわけですから。

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

台風で物干し竿や台が飛んでしまわないための対策について紹介しました。

台風の被害が毎回大きい地域は、安全対策についてはかなり気にしていると思います。

しかし、あまり台風の被害にあったことのない人はピンとこないのが現実です。

しかも物干し竿や台のことまで気にする人は少ないかもしれません。

今回の記事で、起こるかもしれない被害に備えることを考えるきっかけになるといいなと思います。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました