エアコンのドライで洗濯物を乾かす時の温度設定は何度?電気代はいくら?

スポンサードリンク

じめじめと嫌な季節になってきました。

毎年梅雨の時期になると主婦の頭を悩ませる原因の一つが、洗濯です。

特に洗濯物を乾かすのが、大変!雨が続いたりしたら気分も落ち込みます。

みなさんは雨の日にどんな風に洗濯物を乾かしていますか?

エアコンのドライで乾かしているという人は、けっこういるのではないでしょうか?

では、温度設定は何度?そして電気代はいくらくらいかかる?

今回はエアコンのドライで洗濯物を乾かす件について紹介します。

 

 

エアコンのドライで洗濯物を乾かす時の温度設定は何度ぐらいなの?

エアコンのドライの温度設定は?

乾燥機を使わない家庭では、エアコンのドライで洗濯物を乾かすという人は多いでしょう。

本当は外に干したいけど、雨が降るとしょうがないですよね…。

さて、その際のドライの温度設定についてですが20℃に設定しましょう。

これは冬でも20℃の設定です。

温度が高ければ、早く乾くというわけではありません。

また、扇風機やサーキュレーターで風を送るようにするとさらに早く乾くようになります。

冷房じゃなくて、ドライ(除湿)に設定することをお忘れなく!

 

 

なぜドライ設定がいいのか?

ではなぜ、冷房ではなくドライの設定で洗濯物を乾かすのでしょうか?

ドライを別の言い方をすると除湿ですね。

洗濯物の湿気を取り除いて乾かすという感覚です。

だからドライ機能が洗濯物を乾かすときには最適というわけです。

扇風機を併用すると良い点は、湿気を風でさらに飛ばしてくれるからです。

 

ドライで洗濯物を乾かす時のポイント

①洗濯物を干す間隔をあける

だいたい洗濯物と洗濯物の間は15㎝くらいあけるようにして、風の通りをよくしましょう。

これは外に干す場合も、間隔をあけるようにすると早く乾きます。

 

②部屋干しのあとは空気の入れ替えをする

カビが増殖するのを防ぐために、部屋干しをしたあとは5分くらい空気の入れ替えをしましょう。

 

 

エアコンのドライで洗濯物を乾かす時の電気代はいくらぐらいなの?

次に主婦が気になる、電気代について紹介します。

いくら洗濯物を乾かすためとはいえ、エアコンをつけっぱなしにしておくということに対してけっこう抵抗があるという主婦の方もいるかもしれませんね。

洗濯物は乾かしたいけど、電気代もかかるし、それが正直一番気になる!という人も多いのでは?

実際のところどうなのでしょうか?

 

エアコンの電気代については、冷房、ドライ、その機能によっても変わってきます。

また、電気を使用する時間帯でも電気代は違ってきます。

例えば雨の日や晴れの日関係なく、深夜に洗濯機をまわしておくという人はけっこういるのではないかと思います。

これって深夜の時間帯が電気代が比較的安くなるからですよね。

ドライ機能に関しても、弱冷房除湿と再熱除湿というのがあり弱冷房除湿のほうが電気代が安くなります。

しかしデメリットとして、除湿量が少なくなるという点もあります。

 

電気代については各家庭の電気料金プランを見直すことをおすすめします。

 

電力会社の切り替えで節約可能!

 

エアコンのドライ機能には2つあることを紹介しました。

種類が違うので、電気代についても明確に紹介しづらい部分があります。

まずは自分の家のエアコンが弱冷房除湿なのか、再燃除湿なのかを調べてみるといいでしょう。

そしてそれにあった使い分けをすると電気代の節約につながります。

また、電力会社の切り替えによって電気代の節約になることもあります。

エアコンのドライで洗濯物を乾かすことが多いのなら、それにあった電力会社のプランを探して相談してみるのもおすすめです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

エアコンのドライで洗濯物を乾かすときの温度設定や電気代について紹介しました。

雨の日が続くと洗濯物を外に干せなくて、つらいですよね。

エアコンのドライで乾かすという人もけっこういると思いますが、その時のやり方を改めてチェックしておいてほしいと思います。

また電気代については自宅のエアコンのドライがどういう種類のものかを確認しましょう。

そして必要があれば自分の電気の使い方に合った電力会社に切り替えるというのもありだと思います。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました