ONE FOR ALL

お役に立てる情報を発信し他の為に徹底的に尽くしていきます!

ホワイトデーのお返しの相場はいくら!?社会人の義理チョコのお返し相場は!?

   

スポンサーリンク


バレンタインデーのチョコレートのお返しをする日がホワイトデーですが、社会人になると会社の中や取引先など義理チョコをもらう機会もあると思います。
義理チョコですが、お返しをしておかないと風通しが悪くなってもいけませんので、お返しをしなければいけないですよね。
でも、お値段はいくらぐらいのもので、どんなものが安定して喜ばれるのか紹介致します。

 

義理チョコのお返しはどんな物が喜ばれるのか!?

義理チョコのお返しのおすすめは、スイーツですね。
とにかく女性は、スイーツに喜びます。
金額もさほど高くありませんし、女性は甘いものに弱い方がほとんどです。
有名所のスイーツ店でも、一人分ぐらいのスイーツなら数百円からあるので、義理チョコのお返しとしては最適です。いただいた物の半分くらいの金額の物は最低でも必要かと思います。
ではどんなものが人気があり、無難な商品なのでしょうか。
良くあるのが、お菓子の詰め合わせはよく聞きますね。
小さい子供さんや年配の方がおられる世帯には、喜ばれるでしょうが、若者夫婦や独身者に送ったとしても、なかなか一人で食べようともしませんし、若者が好まないようなお菓子もあまり喜ばれないでしょう。
年代別や世帯別で考えると贈り物も考えやすくなるでしょう。
子供のいる世帯では、マシュマロやキャンディーなどの甘いお菓子のセットなどおすすめです。
若夫婦の世帯には、洋風な置物や花などインテリア関係の物の方が置き物として飾ってくれます。
年配者の家庭には、お花や和菓子が無難アイテムです。
年代世帯別に考えていくと、このような物が喜ばれます。
もちろん彼女など恋人には、食事や洋服など彼女の好きそうなものでOK。
くれぐれもちょっとしたプレゼントに高価なブランド品のバックや財布をプレゼントするのはどうかと思いますね。
大切な彼女なら、将来のために生活感覚を芽生えさせるようなプレゼントをしていきましょう。
甘やかしばかりして将来結婚となった時に、後悔や辛い思いをすることになるの、はあなたになるかもしれません。
その人その環境を思いえがいて選ぶことも大切です。

スポンサーリンク

社会人のホワイトデーお返しの相場はいくら!?

社会人になると大変です。
なにかと、もらいものにはお返しをしなければなりません。
そんなお返しの相場ですが、社会人では義理に対してのお返し相場は、1000円から2000円が平均のようです。
ちなみに、この義理に対しての学生平均相場ですが、500円前後です。
やはり学生にしろ社会人にしろ、女性からのいただきものの金額よりも少ない金額では返すわけにはいかないでしょう。
男性としての見栄をはることもときには大切です。
特に社会にでるとそんな機会も増えていきます。
では次に本命からのプレゼントに対しての相場を見てください。
本命の学生平均相場です。
500円から1000円が普通に平均の様です。
これが社会人の本命となると、3000円から5000円と高額になります。
この義理チョコに対する社会人の本命と義理、学生の本命と義理の金額はあくまで平均相場です。
相手が予想以上に高価なものを、送った場合は注意が必要です。
金額に気づかずに、相手よりも低い金額の物を贈ってしまうと、恥をかいてしまうことになってしまいます。
もらったものが実際にいくらぐらいの物なのか、わからない男性も多いことでしょうから、その辺は考えものですね。
女性からすると、送った金額よりもあまりに高価すぎる金額をお返しとして渡されても、それはそれでNGです。
女性はあまりに高価なもの、ブランド品をホワイトデーに渡されても気が引ける金額のものは、控えた方が良さそうです。

スポンサーリンク

 - ホワイトデー