ONE FOR ALL

お役に立てる情報を発信し他の為に徹底的に尽くしていきます!

夏型過敏性肺炎は何科で検査!?夏風邪で咳が止まらないならコチラへ!

   

スポンサーリンク


夏になると咳が止まらなかったり、微熱が続いたりするなら、もしかして夏型過敏性肺炎の可能性もありますよ。
また夏風邪かなと思っていても咳だけが止まらないケースも夏型過敏性肺炎かもしれませんね。
家を出ると咳が止まり、帰宅するとまた咳き込むということはありませんか?
また会社に行くと咳が止まらなくなったりすることってありませんか?
このようなケースも夏型過敏性肺炎かもしれません。
夏風邪で咳が止まらないなら、夏型過敏性肺炎の可能性もあるのでしっかりチェックしてみてくださいね。

 

夏型過敏性肺炎の原因と特徴

夏型過敏性肺炎夏風邪で咳だけが止まらないなら、夏型過敏性肺炎が原因の可能性もあります。
夏型過敏性肺炎の原因は、トリコスポロン・クタネウムというカビを吸い込むことによって咳などが起こる肺炎です。

このカビはエアコンで繁殖することが多く、クーラーを使い出す6月から10月にかけて夏型過敏性肺炎の症状が現れることが多いようです。
その他にも家でいうと水回りの浴室や台所の流し付近、窓付近の畳、それからカーペットや寝具などでも繁殖することがあります。
夏型過敏性肺炎の特徴としては、
★微熱や咳などの夏風邪に似た症状がある。
★咳だけが止まらない。
★カラ咳や微熱が続く。
★夏の期間中だけ症状が続き、秋になると症状が止まる。
★毎年、夏に咳などの症状が出てくる。
★家から出ると咳が止まり帰宅するとまた咳が出る。
★会社など特定の場所にいると症状が強く出る。
★出張や旅行に出かけると症状がなくなる。

このようなケースが夏型過敏性肺炎の可能性があります。
さらに毎年、このような症状が夏に起こるようでしたら、慢性化しているので重症になる場合もあるようなので、専門医に診てもらうようにしましょう。

 

夏型過敏性肺炎は診断検査は何科に行くといいでしょうか?

夏風邪と間違えやすいようですが、夏場だけ咳が止まらないなら、夏型過敏性肺炎かどうかを検査した方がいいでしょう。

しかし、内科に行っても、夏型過敏性肺炎は夏風邪と診断されるケースが多いので、呼吸器科の専門医がいる病院が良いと思います。

夏型過敏性肺炎の診断は血液検査や胸部レントゲンなどで検査をします。

スポンサーリンク

レントゲンでも肺に1~5mmの細かい粒状陰影ですので夏風邪と間違えられないためにも呼吸器科の病院に診断検査してもらいましょう。

大きな病院でなくてもクリニックでも呼吸器科のある病院もあるよなのでインターネットなどであなたの近くの病院を調べてみると良いですよ。

 

夏型過敏性肺炎の予防と対策について

咳が止まらない夏型過敏性肺炎の予防と対策の一番は、カビの繁殖しやすい条件を作らないことが大切です。

原因となるカビを取り除くために、エアコン・加湿器・洗濯槽、浴室・台所などの水周りの掃除をこまめに行うことが必要です。

空調機のクーラーは、季節の変わり目に送風運転を5日ぐらい内部を乾燥させると良いと言われていますが、毎年、夏に咳が出るようであれば、エアコン内部のカビをもっとキレイにする必要があります。

その場合は、専門のエアコンクリーニング業社に相談した方が良いでしょうね。

また、エアコンは室内の空気を循環させているだけなので、換気にはならないので、ときどき窓を開けて風を通し、カビの胞子などを外に出すことも大切です。

加湿器もカビがつきやすいので水はまめに交換しましょう。

洗濯槽は、洗濯槽の回りにあるカビを除去しないと服などに付着するので重曹などを使ってカビを除去しましょう。

浴室・台所などの水周りは特に掃除をまめに行なうこと。

浴室は、入浴後に壁などの湿気をふき取るだけでも、カビの発生をおさえることができます。

カビのはえやすい季節は要注意です。

夏型過敏性肺炎の予防するには、カビを除去し、ふたたびカビが繁殖しない環境をつくるように心がけましょう。

 

夏型過敏性肺炎まとめ

夏に咳が止まらないなら、夏風邪ではなく、もしかしてだけど~夏型過敏性肺炎の可能性があるかもしれませんよ。

毎年、夏になると咳が止まらないなら、一度、消化器科の病院で診断検査してもらうと良いと思います。

慢性になると重症になることもあるようですから・・・!?

夏型過敏性肺炎の予防対策は、カビの繁殖しやすい条件を作らないことが大切ですね。
夏場でも湿気を拭き取ったりコマ目にカビを除去する掃除をした方が良いでしょう。
また咳が止まらないことが毎年あるのであれば、エアコンは一度専門のクリーニング業社に相談しましょう。

 

スポンサーリンク

 - 日記