ONE FOR ALL

お役に立てる情報を発信し他の為に徹底的に尽くしていきます!

ハロウィンで子供がお菓子をもらう時の言葉と意味

   

スポンサードリンク

ハロウィンで子供がお菓子をもらうときの言葉は、「Trick or treat(トリック・オア・トリート)」と言っています。
その言葉の意味は、「何かくれないと、イタズラをしちゃうよ」ということです。

それを聞いた家の人は「Happy Halloween(ハッピー・ハロウィーン)」と言って来た子供達にお菓子を渡します。

ハロウィンは、海外では、メジャーなイベントですが、日本ではまだまだ新しいイベントで、馴染みが無いかもしれませんね。

ディズニーランドやディズニーシーやユニバーサルスタジオジャパンなどでハロウィンのイベントが開催されていたり、町中では、ハロウィンの時期になるとカボチャが飾られたりするのでだいぶ認知されてきたのではないでしょうか。

ハロウィンは10月31日に行われるイベントですが、悪霊から身を守るために、焚き火をしたりお供え物をしたりしていたようです。

スポンサードリンク

今では、仮装したり、カボチャのジャック・オ・ランタンがいたるところにあったりします。

仮装も、この世に来た死者達を遠ざける為に、子供達に死者や魔女の仮装をさせて町中を歩かせたのが、仮装をする理由となっています。

また、カボチャは、家の玄関先に置かれていて、顔を見た悪い霊達は怖がり、逃げ出してしまう様で、番犬の様な役割を果たしています。

日本では、まだメジャーではないですが、悪霊から家を守る意味で、カボチャのお菓子を作ったり、カボチャ料理を楽しんだり、飾り付けをしてハロウィンを楽しみましょう。

また、外にハロウィンを楽しみにいくなら、ディズニーランドやディズニーシー、ユニバーサルスタジオジャパン等でもイベントが開催されているので、楽しめると思います。

スポンサードリンク

 - ハロウィン, 行事