スポンサードリンク

ほおずき市 浅草寺2018のお祭りはいつ?由来・値段・アクセス・浴衣・風鈴・露店など

日記

スポンサードリンク

浅草寺のほおずき市とは!?

 

浅草ほおずき市は平安時代の頃から、始まったと言われています。
東京都内ではかなり古い浅草寺でのお祭りです。
少し、歴史を紹介しましょう。
飛鳥時代に立てられた浅草寺ですが、観音様のお祭りが年に1度行われてきました。
千日詣りと呼ばれており、1日のお詣りで千日分の功徳があるとされています。
その後、歴史とともにいろいろな変遷がありましたが、現代においても多くの人出でにぎわっています。
ほおずき市は境内でほおずきがたくさん売られていることから、そう呼ばれるようになりました。
大昔からほおずきが売られていたわけではありませんが、実際にお参りに行った時に歴史を調べてみるとおもしろいでしょう。
東京に住んでいない人には、遠いところのお祭りに過ぎませんから、自分たちが住んでいる地域のことを振り返ってみることをおすすめします。
意外と近所でも同じようなお祭りがあるはずです。
お寺や神社では、年間行事が決められており、古くから続けられてきているはずです。
浅草ほおずき市ではトウモロコシも人気です。
子どもたちにとっては、年に一度の楽しみとなっているでしょう。
もちろん、現代の子どもたちは昔と違いますから、お寺のお祭りに興味を示さないかもしれません。
しかし、親が一緒に連れて行きますから、浅草に住んでいるなら毎年行きたいものです。
おみやげに購入したほおずきは自宅に持ち帰り、プランターに植えることで十分育ちます。
具体的な育て方はインターネットで調べてみると、たくさんヒットします。
浅草のほおずきだけが特別ではありません。
ただ、日本人にとって、ほおずきは昔の情緒を思い浮かべさせるアイテムではないでしょうか。
お祭りで購入する時には、元気の良いほおずきを選ぶことがポイントです。
価格帯も種類によって幅がありますが、高いほおずきが良いとは限りません。
元気なほおずきであれば、どれでもいいでしょう。
自宅のベランダでプランターに植えてください。
会場となる浅草寺は通常もお参りすることができますから、観光名所ともなっています。
東京は都会だけではなく、浅草のような下町の風情も残されています。
それが浅草の魅力と言えるでしょう。
今度東京に行った時に、ぜひ立ち寄ってみてください。

浅草寺のほおずき市の由来

浅草ほおずき市を知っていますか。
近所に住んでいるなら知っている人も少なくありませんが、全国的にはあまり知られていないお祭りです。
東京の浅草観音で昔から行われてきたお祭りが浅草ほおずき市です。
その名称からわかるようにおみやげはほおずきでしょう。
たくさんの露店が並んでいて、いろいろな種類のほおずきを販売しています。
浅草寺の境内にはほおずきを販売する屋台がずらりと並んでいます。
7月初旬の夏の風物詩として、地域の人たちに楽しまれてきます。
歴史は古く、平安時代から始まったと言われています。
その間にいろいろな功徳の話が付け加えられて現代に至っています。
もちろん、お参りをしてほおずきを購入しただけで、幸せになれると思っている現代人はいませんが、毎年恒例のイベントと考えている人は少なくありません。
東京都の現代のお祭りと言うよりも、江戸時代の下町の風情を楽しむことができるほおずき市と考えてください。
出店で売られているのはほおずきだけではありません。
風鈴も情緒豊かな音色を響かせています。
ほおずきと風鈴がセットで販売されている場合も少なくありません。
地元の人は浴衣を着て参加をしています。
ほおずきを持った子どもたちが楽しそうですね。
インターネットで情報を検索できる時代となりましたから、遠くに住んでいる人でもその雰囲気を感じることができるでしょう。
販売されているほおずきは種類によって価格帯が大きく異なります。
一番安いのは50円ですが、大きくて見事な実がなるほおずきは2.000円です。
風鈴をセットにして、2,500円で販売されています。
浅草の風物詩として、全国発送もされています。
東京に住んでいなくても、楽しむことができるでしょう。
もちろん、浅草だけが夏祭りを行っているわけではありません。
全国でもいろいろなお祭りがありますから、自分たちの地域で古くから行われているお祭りを大切にしたいものです。
それが、今の子どもたちに受け継がれていくはずです。
日本の古い歴史がどんどん忘れられていき、外国の風習が入って来る現代です。
いいものは努力して残さなければなりません。
浅草の夜を楽しむ機会があれば、ほおずき市の日程に合わせてみましょう。

浅草ほおずき市の見どころ

浅草ほおずき市は都内最古と言われている浅草寺で行われる夏祭りです。
ただ、一つのお寺のお祭りではなく、地域の人たちの楽しみともなっています。
最近は観光客もたくさん訪れるようになりました。
東京観光では浅草寺にお詣りするコースはたくさんありますが、ほうずき市は日程が限定されていますから、タイミングを合わせるためにはしっかり予定を組んでおかなければなりません。
ほうずき市は毎年7月9日と10日です。
さて、ほおずき市の見どころを紹介しましょう。
たくさんの露店が並ぶ境内です。
ほおずきをおみやげに購入しようと考える人もいますが、観光できた人が持ち帰るには邪魔になってしまいます。
また、ほおずきの価格は年々上昇しており、気軽に購入する気持ちにはならないかもしれません。
もちろん、お詣りはしっかりとやっておきましょう。
四万六千日のご利益があると言われています。
言葉通りであれば、一生に一度お詣りすればいいことになります。
ただ、かなりの人出ですから、お詣りするだけでも一苦労です。
季節は夏ですが、夜遅くまで営業しているわけではありません。
日中の暑さが和らぐ、7時ごろがいいでしょう。
もちろん、日中も多くの人出でにぎわっています。
東京に行ったら、ほおずき市のにぎわいを楽しみたいものです。
ほおずきと風鈴がセットで販売されていますから、家に持ち帰っている人も少なくありません。
東京に住んでいるなら、いずれは訪れてみてください。
浅草寺は東京下町の風情がまだ残っていると言われていますが、近くには博物館や美術館、公園など憩いの場が集まっています。
ほおずき市の人混みから出たら、公園で一休みましょう。
ほおずき市だけに絞って楽しもうと考えるのではなく、浅草や上野の雰囲気を楽しむことが重要です。
7月に限定する必要はなく、浅草寺やその周辺を周ってください。
浅草寺ではいろいろなお祭りが行われています。
どれを楽しんでもいいでしょう。
周辺にはレストランなどもありますから、浅草観光を計画する時には情報収集を確実に行なってください。
現代はインターネットでたくさんの情報を入手することができますが、写真や人のブログだけではわからないことがたくさんあります。

浅草のほおずき市の日程

夏になると日本ではたくさんの神社やお寺で夏祭りが開かれます。
東京では一番古いと言われている浅草寺のほおずき市が有名でしょう。
もちろん、ほおずき市の日程は毎年同じですから、観光を計画する時にチェックしておきましょう。
ほおずき市は7月9日と10日です。
ただ、この日だけが人出が多いのではありません。
浅草寺は1年中観光客でにぎわっています。
ほおずき市の時にお詣りをすると、大変なご利益があります。
四万六千日のご利益です。
一生かかっても使いきれませんね。
おみやげにほおずきを購入する人も少なくありませんが、遠くから観光で来る場合にはちょっと難しいでしょう。
宅配便で送ってもらうこともできます。
浅草は下町の風情が残っていると言われています。
その下町の夏まつりを満喫してください。
日中は日差しも強くなりますから、日除けが欲しいところです。
浴衣を着たカップルなどもたくさんいます。
地元に住んでいる人は子どもの時からの行事となっているでしょう。
日常生活とは違った雰囲気は気分転換におすすめです。
多くの人がいますから、本堂でのお詣りはかなりの時間がかかります。
それでも多くの人は、ご利益を求める気持ちが強いのでしょう。
お詣りをして露店を見て周ったら、食事はどうでしょうか。
近所には観光客を目当てにしたレストランなどがあります。
安くておいしい昼食や夕食をチェックしておきましょう。
インターネットでたくさんの情報を入手してみてください。
どれくらいの人出なのかを知っておけば、東京観光の目安になるはずです。
東京は人が多くて身動きもできないと思っている人は少なくありませんが、ほおずき市は境内に露店が並びますから、さらに狭く感じます。
ただ、下町の雰囲気を満喫するには良いお祭りです。
地方に住んでいても、夏祭りは各地で開かれています。
基本的な部分は変わらないでしょう。
人出と規模が違うくらいです。
浅草ほうずき市を毎年楽しみにしている地域の人たちにとっては、夏の始まりとなっているでしょう。
夏祭りによって季節を感じることができます。
あなたにとっての夏祭りはどのようなイベントでしょうか。
現代人はこれまでの風習を軽く見る傾向にありますが、自分が住んでいる地域の良さを見直してください。

浅草寺のほおずき市に出かけるための交通機関アクセス

ほおずき市に出かけるなら、浅草寺を目指せばいいだけです。
ただ、多くの観光客もいますから、注意しておくことが大切でしょう。
具体的な交通機関を紹介しましょう。
東京に住んでいる人にとっては、簡単な電車の乗り換えでも地方から出てきて、東京観光をしようとする人には、電車の乗り換えは難しいものです。
事前にしっかりと確認しておくことをおすすめします。
現地で迷っていると時間がいくらあっても足りません。
ただ、現代はスマートフォンを持つ人が多くなりましたから、マップを開けば道順は教えてくれますから非常に楽になりました。
途中までは公共交通機関を利用するとしても、途中からは歩くことをおすすめします。
電車を降りたら、下町の風情を感じながら、浅草の町を歩いてみましょう。
夏の始まりを告げるような暑い日差しかもしれませんが、浴衣を着て涼みながら歩きましょう。
ほおずき市はほおずきだけが販売されているわけではありませんから、通常の浅草寺観光と考えてもいいでしょう。
ただ、近所に住んでいる人たちもたくさん訪れますから、普段よりも人出が多いと考えてください。
浅草ほおずき市は7月の9日と10日の二日間です。
地方からの観光の場合は日程を調整することが難しいかもしれません。
少し涼しくなる夕方は一段と人出が増えてきますが、露天などは8時前後で閉まり始めるところが増えてきます。
夜はカップルのための時間のようですね。
山手線に乗れば、上野で乗り替えてもいいですし、両国で降りて歩くのもいいでしょう。
距離はあまり気にする必要はありません。
若い人なら楽です。
高齢者がメンバーにいるなら、ちょっと配慮が必要でしょう。
いずれにしても、人出をかき分けて進むことを覚悟しておきましょう。
例年の写真をチェックしてください。
露店にはほおずきが並んでいますが、それ以外は地方の夏祭りと変わりません。
あなたの町にも夏祭りがあるでしょう。
東京にあこがれている人にとっては浅草ほおずき市は特別なイベントと移っているかもしれません。
いずれにしても、一度は見ておきたいですね。
ほおずき市の前後で周辺を散策することも計画に入れておきましょう。
上野公園はすぐ近くです。
下町の雰囲気を残しています。

浅草寺の夏の風物詩ほおずき市の情報

 

インターネットで、ほおずき市の情報をチェックしてください。
いろいろなことがわかるでしょう。
浅草寺で毎年の夏の風物詩となっていますから、すでに行ったことがある人もいるでしょう。
浅草寺の近くに住んでいる人なら、子どもの時からの楽しみなはずです。
浅草寺はほおずき市の時だけ注目されているわけではなく、1年を通して観光客が訪れています。
ほおずき市で浅草寺にお詣りすると、四万六千日のご利益があると言われています。
言葉通りであれば、一生のうちに一度行けばいいことになります。
それだけ昔から多くの人がお詣りをしてきた、特別なお寺と言えます。
ただ、ほおずき市の時には特に人出が多く、お詣りするだけでも1時間ほどかかります。
それだけの時間は観光旅行で確保することは難しいでしょう。
浅草寺の周辺にはいろいろな施設がありますから、公園や美術館などほおずき市以外の観光をおすすめします。
インターネットで多くの情報を収集することができれば、それだけですでに行ったような気分になる人もいます。
東京から遠くに住んでいるなら、インターネットの情報だけでもいいでしょう。
動画や写真を検索してみてください。
その時の様子を知ることができます。
もちろん、東京の浅草は浅草寺だけがあるわけではありませんから、いろいろなところを周り下町の雰囲気を味わってください。
それが観光旅行の楽しみです。
毎日の日常生活とかけ離れた場所に出かけることで、自分がずっとここで暮らしていたような気分になることができるでしょう。
観光旅行では、多くの事前情報を頭に入れてしまうと、驚くことがなくなります。
交通事情など必要なことだけに留めている人もいます。
浅草ほおずき市は浅草寺がメインですが、その周辺も賑わっています。
周辺情報は事前にチェックしておかなければなりません。
午前中にほおずき市を散策して、昼食はどこかおいしいところと言うパターンもおすすめです。
そして、夕方に、またほおずき市に戻ってみましょう。
昼間と夕方の夏祭りは雰囲気が違います。
できることなら浴衣姿で散策したいものです。
彼との旅行なら記念写真を撮っておきましょう。
この次の浅草はいつになるかわかりません。

浅草のほおずき市のお土産

浅草ほおずき市に行ったら、何をおみやげに購入するでしょうか。
やはり、ほおずきです。
ただ、観光旅行の一部としての浅草ほおずき市の場合は、ほおずきを持ち帰ることはちょっと難しいでしょう。
そこで利用したいのは宅配便です。
全国発送をしてくれますから、新婚旅行のおみやげとしては最適です。
ただ、ほおずきは植物ですから、あまり時間を置かずに手渡すことが重要となります。
それが難しいなら、直接、お返しをしたい人に送ります。
最近は、ほおずきと風鈴がセットになった商品も販売されています。
風鈴がなければならないわけではありませんが、夏の風物詩として風鈴は喜ばれるはずです。
自分たちが帰って育てるのであれば、ほおずきを持ち帰ってもいいでしょう。
夏祭りは歩いて行ける距離のところが一番いいでしょうが、東京では現実的ではないかもしれません。
電車の中でも浴衣姿の人が少なくありません。
電車で浅草まで行くのでしょう。
地方に住んでいて、いいなと思うのは夏祭りの会場まで歩いて行けることでしょうか。
おみやげは金魚すくいの金魚やほおずきなど、何でもあります。
夏休みがまだ始まらない7月の9日と10日がほおずき市ですが、子どもたちは楽しみにしているはずです。
たくさんの人出で賑わうことはいいことですが、そのために情緒が失われてしまうことが懸念されます。
たくさんの露店が昔から商売をしていますが、販売されている商品の価格は物価の上昇に伴い高くなっています。
ほおずきも2,000円ですから、普段の時と比べるとかなり高価です。
そのために購入をあきらめてしまう人も少なくありません。
夏祭りによって夏の到来を感じることができますが、おみやげが何もない状況は寂しいものです。
友だちと行くなら、一緒の写真を撮っておけばいいでしょう。
それが一番のおみやげかもしれません。
色あせることはないからです。
露店ではほおずきだけが販売されているわけではありませんから、子どもたちが喜びそうなグッズを購入してください。
それが夏祭りの楽しみでしょう。
子どもの時にはお寺の歴史など、ほとんどわかりません。
親から買ってもらったおみやげの印象が強いからです。
それが自分たちの子どもへと受け継がれていきます。

浅草ほおずき市と風鈴

浅草のほおずき市では、いつの頃からか風鈴が販売されるようになりました。
夏の風物詩として風鈴を購入する人が増えたのでしょう。
ほおずきと風鈴をセットにして販売することで、参拝のおみやげに最適です。
ほおずき市の歴史は古く、飛鳥時代にまでさかのぼることができると言われています。
ただ、時代とともに人の考え方も変わりましたから、本当にご利益を求めてお詣りをしているわけではないでしょう。
夏の始まりを感じる毎年のイベントと考えてください。
もちろん、東京観光の一つとして浅草ほおずき市をコースに組み込んだツアーもあります。
日程が限定されているため、急に思い立っても参加することは難しいでしょう。
毎日、多くの人が訪れる浅草寺ですから、ほおずき市に限らずご利益を期待してください。
風鈴は東京だけではなく、いろいろなところで販売されています。
しかし、現代は涼しさをもらうために風鈴を下げているのではなく、単なる飾りとなってしまっていることでしょう。
夏の風邪は暑く、窓を閉め切っていますから、風鈴がなびくのはエアコンや扇風機の風です。
それでも、涼しさを感じることができればいいでしょう。
地球温暖化の影響で、浅草ほおずき市も日中は暑くなります。
できることなら夕方に散策したいものです。
風鈴の音を聞きながら涼しさを体感できるでしょう。
おみやげとして販売されているほおずきと風鈴はセットで2,500円とちょっと割高ですが、記念に購入してみてはどうでしょうか。
毎年、ほおずき市に出かけている地元の人にとっては、おみやげを購入する必要もありませんが、初めてお参りする人には記念となるでしょう。
風鈴を自宅に持ち帰り、窓辺にぶら下げてください。
夏の風情がなくなっていく現代において、いつまでも続くほおずき市は重要なイベントとなるでしょう。
自分が育った土地ではないとしても、昔の雰囲気を残している浅草寺周辺は着て良かったと思うはずです。
インターネットで検索してみると、ほおずき市の感想などを読むことができます。
人によって感じ方は違いますから、自分の目で見なければわかりません。
ただ、事前に情報を収集しておくことで、どのような行動を取ればいいか計画しておくことが大切です。

浅草ほおずき市の歴史

ほおずき市と言えば浅草寺と思っている人も少なくありませんが、ほおずき市は浅草寺に限った行事ではありません。
お盆の近くになり、ほおずきを仏様に飾ることから、お盆とほおずきは密接な関係があったと考えられています。
それが長い歴史の中で、現代まで伝えられています。
もちろん、現代においてはほおずき市は観光対象となっている部分が少なくありませんが、地元の人には1年の行事の一つに過ぎません。
浅草寺が有名になったのは、いろいろな説がありますから、興味のある人は調べてみるといいでしょう。
いずれにしても、神社にお参りすることで功徳を得たいと昔の日とは考えていました。
7月10日は室町時代から功徳日として、多くの参拝客が訪れていたようです。
そして、その参拝客を目当てに市が立ち並び、現代のほおずき市となりました。
浅草ほおずき市でお詣りすると、四万六千日の功徳が得られと言われており、江戸時代にもかなりの人出で賑わっていました。
現代もそれは続いており、人混みをかき分けながらお詣りをすることになるでしょう。
特別に功徳が欲しくない人は、日程をずらすことを考えた方がいいでしょう。
日本人は昔から、いろいろな神社やお寺にお詣りをしてきました。
その効果があったかどうかは本人でなければわかりませんが、お詣りをすることで心の平安を得られたことだけは間違いないでしょう。
生活は苦しくても、お詣りをすることで安心できたのです。
現代人にもそれは通じるものです。
生活様式は変わり、昔と比べると気軽に浅草寺まで行くことができるようになりました。
しかし、功徳を求める気持ちは変わりません。
ご利益をもらいたいと言う気持ちがあるのでしょう。
ほおずきをおみやげにする人も少なくありません。
ほおずき市で販売されているおみやげ用のほおずきは風鈴とセットで2,500円の販売価格です。
この価格が高すぎると感じて、購入を控える人もいるでしょう。
浅草ほおずき市の歴史を知ることで、日本の文化の一端を知ることができます。
自分が日本に生まれて、まだ浅草ほおずき市を見たことがないと思っているなら、計画を立ててみてはどうでしょうか。
楽しい旅行となるように考えておきましょう。

浅草ほおずき市の人出と混雑状況

浅草のほおずき市は毎年多くの人出で賑わっています。
7月9日と10日に決まっていますから、その日を始めから計画している人が少なくありません。
ただ、全国的に有名ですから、人出も半端ではないでしょう。
日中の食事の時間などは並ぶことを覚悟しておかなければなりません。
浅草ほおずき市で何を目当てにするかが重要です。
お詣りであれば、1時間程度かかることを覚悟しておかなければなりませんが、ほおずきを購入するだけなら、朝早くと日が沈んだ後の時間帯がいいと言われています。
もちろん、日中の混雑を避けるだけですが、出店の中にはほおずきが売り切れてしまうと店をたたむ業者も少なくありません。
夜のほおずきは売れ残りと考えてください。
ただ、ほおずきの質はいいですから、売れ残りでも問題はありません。
毎年、浅草ほおずき市に出かけている地域の人にとって、人混みはあまり気にならないかもしれません。
地方から観光の一つとしてやって来るなら、人混みを避けることは難しいでしょう。
インターネットで検索してみると、いろいろな情報があります。
どの時間帯がおすすめかも掲載されているでしょう。
ただ、浅草ほおずき市が全国的に有名になっていますから、人出が少ないことを期待しても無理があります。
人出を楽しむ余裕を持ちたいものです。
また、いろいろな人がそれぞれの功徳を求めて、お詣りをしているのだと想像してみてください。
神社の神様もさぞ忙しいことでしょう。
日が沈んで夜になると、ライトアップされたほおずき市となります。
暑さも少し和らぎますから、気持ちよく散策ができるでしょう。
浴衣姿のカップルが手をつなぎながら、歩いています。
浅草ほおずき市の歴史を調べてみると、始めは10日だけだったようですが、人が集まるようになり前日からお詣りをするようになり、現代の9日と10日になったそうです。
昔の人も、人が少ない時間帯にお詣りをしたいと思っていたのでしょう。
浅草ほおずき市でのおみやげはほおずきが定番となっていますが、必ずしも購入しなければならないわけではありません。
ほおずきに特別な歴史的意味があるわけではないからです。

浅草ほおずき市の注目

ほおずき市は浅草寺だけではなく、日本全国で夏祭りとして行われています。
ただ、知名度で考えれば浅草のほおずき市が一番でしょう。
浅草寺は普通の時期も参拝客や観光客がたくさん訪れていますから、ほおずき市の時期だけが特別に多いわけではありません。
近所に住んでいる人たちにとっては、昔から開かれているほおずき市ですから、夏の始まりを告げるイベントと感じていることでしょう。
浴衣姿で歩く子どもたちもいますし、夕方はカップルも多くなります。
下町の雰囲気を残している浅草寺周辺はのんびりとした気持ちになれるのでしょう。
残念ながら、日中は多くの人出で、ほおずきを買うことも、お詣りをすることも一苦労です。
観光の一コマとして、ほおずき市を実感してください。
それぞれの地方ではほおずき市と呼ばれていないかもしれませんが、お盆の前のほおずきはどこにでもあるポピュラーなアイテムです。
子どもの時には田んぼのあぜ道に植えられていることも少なくありませんでした。
時代とともに夏祭りの様子も変わっていきますから、浅草ほおずき市もかなり変化していることでしょう。
露店がたくさん立ち並ぶ境内にはたくさんの人がいますが、時間を見計らって人が少ない時間帯を調べておきましょう。
ほおずきは夏の風物詩ですから、おみやげに購入したいものです。
風鈴とセットで販売されている商品もありますから、じっくりと選んでください。
日常生活とは違うほおずき市を楽しむことができれば、これからの暑い夏を乗り切るパワーをもらうことができるでしょう。
東京に住んでいる人にとっては夏の一コマですし、地方から観光で訪れた人には一生の思い出になります。
それぞれの立場で楽しい時間にしてください。
浅草ほおずき市が注目されるようになったのは最近のことではありません。
歴史も古く、多くの人が親しんできたほおずき市がインターネットを通して、情報発信されているだけです。
子どもの時からの楽しみはそのままであり、人出が多くなっても変わらないでしょう。
初めて、ほおずき市に出かけるのであれば、事前に情報をチェックしておくことをおすすめします。
時間帯や浅草寺の全体を知っておくと、スムーズな参拝ができるでしょう。

浅草寺のほおずき市の雰囲気

下町の風情を残している浅草寺周辺を観光として訪れる人は少なくありません。
ただ、一番のおすすめは浅草ほおずき市です。
平安時代の頃から始まったと言われているほおずき市です。
時代とともに規模が大きくなり、立ち並ぶ露店の数も数えきれないほどです。
浅草寺に参拝して、ほおずきを購入するだけの人もいますし、露店を見ながら散策することが楽しみとなっている人もいるでしょう。
浴衣姿のカップルも少なくありませんし、子どもたちは露店で販売されている商品を買ってもらって嬉しそうな顔をしています。
日常生活とは違った浅草寺の雰囲気です。
ほおずき市は7月10日の功徳日から始まったとされていますが、遠くから参拝に訪れる人は前日からの一泊の度だったようです。
そのために、9日からほおずき市が始まったとされています。
二日間で多くの人が訪れますが、現代人にとっては平日か休日かによって大きな差が出てくるでしょう。
近所に住んでいて、いつでも浅草寺に参拝できる人は夕方からのほおずき市を楽しんでいます。
露店はほおずきを中心に販売していますが、売り切れ御免ですから、早めに店舗を他と無業者も少なくありません。
朝早く行って、ほおずきを購入するか、売れ残りのほおずきを購入すれば、人出も少なくゆっくりと選ぶことができます。
あなたは浅草ほおずき市を見物したことがあるでしょうか。
まだ、一度も行ったことがなければ、ぜひ機会を設けましょう。
浅草寺は通常の時でも多くの参拝客が訪れていますから、ほおずき市の人出は半端ではないでしょう。
浅草ほおずき市にお詣りすると、四万六千日の功徳が得られると言われています。
一度で一生分のお詣りとなります。
地方から参拝に来る人が絶えない理由かもしれません。
もちろん、そのような功徳を信じていなくても、観光名所として訪れてみてください。
インターネットでは多くの情報を収集できますが、実際の雰囲気は訪れてみなければわかりません。
情報を収集するだけで行った気分を味わうことはできません。
下町の雰囲気がどのようなことなのかを自分の体で感じてみましょう。
小説や映画で見た雰囲気を実感することができます。
今度のほおずき市はどうでしょうか。

ほおずき市を100倍楽しむ方法

夏祭りはそれぞれの地域で特色があります。
浅草ほおずき市も、地域の夏祭りとして始まりました。
ただ、浅草寺が有名なことと、大きな功徳を得られると言われるようになってから日本全国からの参拝客が訪れるようになりました。
もちろん、子どもたちはほおずき市を楽しむだけで、功徳など考えているはずもありません。
夏祭りはどこであっても楽しむものでしょう。
浅草ほおずき市は朝から始まっていますが、だんだんと人が増えてきて、昼食時はゆっくりと見て周ることもできません。
肝心の参拝は1時間以上も並ばなければらない時もあります。
子どもたちは、我慢できるはずもありませんから、ほおずきのおみやげを買ってお母さんたちと帰るのでしょう。
浅草ほおずき市は露店がたくさんありますが、全部を歩いて周る必要はありあませんし。適当なところで切り上げることでしょう。
浅草寺の近くには上野公園もありますから、子どもたちの楽しむ場所はたくさんあります。
ただ、夏祭りの時期はまだ夏休みではありませんから、夜遅くまで遊ぶことはできません。
楽しみ方はそれぞれの家族で違うでしょうが、夏の始まりを告げるイベントであることは間違いないでしょう。
浅草ほおずき市で夏の始まりを感じるのです。
地球温暖化によって、夏が速く始まるようになったかもしれませんが、細かいことは気にしなくていいでしょう。
夏祭りの露店で食べるお菓子や飴などは特別な味がします。
もちろん、製法が違うのではなく、雰囲気を楽しみながら食べるからです。
浅草に住んでいる人は小さな時からほおずき市を楽しみにしていたことでしょう。
浅草ほおずき市は自分にとって、どのような夏祭りなのかを考えてみてはどうでしょうか。
地方から観光できた人と地元の人では楽しみ方が違います。
それは、地元の祭りかどうかの違いでしょう。
浅草に限らず、それぞれの地域に住んでいる人にとっての特別な祭りがあるはずです。
刊行することはいいのですが、そこから自分の地域の祭りを見直してみることをおすすめします。
それが地域活性化のきっかけになることでしょう。
地方が元気になれば、日本中が元気になります。
その一つが浅草ほおずき市の楽しみ方と言えるでしょう。

浅草寺のほおずきの値段

浅草ほおずき市では、その名が示すようにほおずきが販売されています。
その価格は一般よりも高いのでしょうか。
浅草寺の境内に連なっている露店で販売されているほおずきは、どこの露店でも同じ価格です。
協定によって決められているからです。
竹ひごにほおずきが1個だけ付いた商品は50円です。
子どもが喜んで持って帰るのでしょう。
それから、枝にほおずきが付いた状態だと1,000円、鉢植えのほおずきと風鈴のセットで2,500円となっています。
鉢植えであれば、家に持ち帰って育てることもできます。
ほおずきは薬としての効果もありますから、昔から栽培されてきました。
田んぼのあぜ道などでほおずきの実を見たことがないでしょうか。
浅草ほおずき市で購入したほおずきだけが特別な効能を持っていると考えるのは無理がありますが、ほおずきを育ててみることも楽しみとなります。
浅草で購入するほおずきの価格が高いとしても、別のところでほおずきを購入したいと考える人はほとんどいないでしょう。
また、ほおずき市では10日の夕方になると、売れ残りを失くしたいと考える業者が値下げをしています。
売り切れとのタイミングを見計らうことが難しいですが、ずっと露店などで楽しむつもりなら、安くなる時を狙ってはどうでしょうか。
また、価格協定はありますが、たくさん購入すると少し値引きをしてくれます。
交渉してみるといいでしょう。
自分の分だけではなく、知人や親せきなどの分も購入している人もいるでしょう。
夏の風物詩としてほおずきを自宅に飾っておきましょう。
そして、風鈴をぶら下げれば、もうすでに夏を感じることができます。
浅草ほおずき市は平安時代の頃から広く知られるようになったと言われています。
その後、参拝客の増加により、市ができるようになり、その時期の風物詩としてのほおずきが売られるようになりました。
浅草に限らず、夏祭りにはほおずきが付き物です。
地方の夏祭りでもほおずきのおみやげが販売されているはずです。
薬として、利用することは現代ではありませんが、その雰囲気だけでも楽しみたいものです。
夏を感じるのは気温だけではなく、ほおずきに代表される植物でしょう。
今年の夏祭りも楽しみにしてください。

浅草ほおずき市の露店

毎年、浅草寺で催されるほおずき市ではたくさんの露店が並びます。
ほおずきを売る店があるのは当然ですが、その他に飲食関係の露店もたくさんあります。
浅草寺の境内だけは入りきらず、浅草神社の方まで伸びています。
毎年、浅草ほおずき市を楽しみにしている人にとっては、露店の内容や混雑状況などはよくわかっているでしょうが、観光のために初めてほおずき市に来た人にとっては、どうやって進めばいいか迷うことでしょう。
露店で子どもに焼きそばやたこ焼き、チョコバナナなどを買ってから、一緒に食べようと思っても座る場所さえありません。
もちろん、それが浅草ほおずき市の雰囲気なのだと思うしかありません。
事前に情報を収集しておくと、混雑を回避して目的のほおずきを購入することもできます。
食べ物やほおずき以外にも、いろいろなグッズが販売されていますから、知人へのおみやげとして購入するのもいいでしょう。
近くに住んでいる人なら、鉢植えのほおずきを購入して、自宅で育ててみてはどうでしょうか。
ほおずきが重宝されるのは、功徳があると言われているからではなく、薬としての効能が期待されているからです。
もちろん、現代ではほおずきを薬として使用することはありませんが、その香りだけでも健康になりそうな気がします。
露店で食事をしながら、ゆっくりと周りの様子を見物してください。
本来の目的である御朱印をもらわずに帰る人も少なくありませんが、できることなら記念にもらいたいものです。
そのためには早めに参拝して、順番待ちをしなければなりません。
毎年の状況はインターネットに掲載されていますから、しっかりと調べておきましょう。
浅草寺の功徳を受ければ、一生分の功徳になります。
それだけでも気持ちが楽になるでしょう。
自分だけではなく家族の功徳をしっかりと持ち帰りましょう。
ほおずきが売り切れた露店は早めに畳み始めます。
ほおずきをゆっくり選びながら購入できる時間帯を選ぶことが重要です。
同じ価格でもほおずきの大きさや形が違います。
ほおずきの選び方も調べておきましょう。
いろいろと考えるだけでも浅草ほおずき市が楽しみになってきます。
夏はもうすぐやってきます。
準備をしておきましょう。

スポンサーリンク

コメント