ONE FOR ALL

お役に立てる情報を発信し他の為に徹底的に尽くしていきます!

化粧崩れを防止する保湿方法!原因は乾燥したインナードライですよ!

      2017/03/23

スポンサードリンク

化粧崩れで悩んでいる女性の方は多いですよね。
特に梅雨時期から夏場、そして秋の初旬にかけて、気温の上がる季節になると、朝しっかりとメイクしたのに、昼ごろにはファンデーションがまだらになっている、浮いたような感じに見えてしまう・・・というように、一日メイクが持たないという悩みを誰もが経験した事があるはずです。

そもそもメイクが崩れる原因にはファンデーション選びから始まっています。
自分の肌にあったファンデーションを選んでいるのかによって、化粧崩れをしやすいのかどうかが変わっていきます。
ファンデーションもそれぞれに特徴があり、肌との相性があるからです。

大まかに分けると、リキッドやクリーム、そしてジェルタイプのファンデーションの場合は乾燥肌の人や混合肌の人にオススメ。
そしてパウダータイプのファンデーションならば脂性肌タイプの人にオススメです。

そして、自分の肌にあったファンデーションを選んでいるのに、崩れてしまうという方は、乾燥が原因となっている可能性があります。

乾燥してしまうと、化粧をした後の肌ではどのような事が起こっているかというと、メイクと肌の間にある密着力が弱くなってしまいます。
これによって、メイクが浮いたように見えたりカサカサとするように感じるのです。

ですので、夏場の化粧崩れや乾燥によって崩れているという人は、保湿がとても重要になっていきます。
潤いを肌に充分に与える事で、化粧の崩れを起こしにくくしてくれて、しかもツヤも保ってくれますよ。

また、自分の肌質をきちんと把握していない事で起こる化粧崩れもあります。
それが脂性肌の人。
自分は脂性肌だと思っていたのに、実は肌の内側を見てみると乾燥している状態になっているという、いわゆる『インナードライ』という状態になっているという事が多いのです。

この場合は、肌の中でこれ以上乾燥させてはいけないという信号が出ているが故に、皮脂を余分に多く分泌しています。
ですので、肌の表面上では皮脂が多く出ている状態なので、”自分は脂性肌”と認識してしまうのです。

このようなタイプの人には、油とり紙などで余分な皮脂を取り除いてく事も大切ですが、もっと大事な事は保湿ケアをする事。
潤いを十分に肌へと与える事で、肌の中をケアしていく事が欠かせないのです。

保湿ケアを怠ってしまうとどうなるのか、こうしたタイプの人の場合には、より水分を皮膚に与えようと、皮脂を過剰に分泌していってしまいます。
これでは悪循環で全く改善せず、化粧崩れもひどくなっていくでしょう。

ですので、化粧水や乳液・クリームなどを活用して、しっかりと保湿ケアを行うように心がけ、正常な皮脂の分泌量へと改善するようにする事が、化粧崩れを抑える最も近い方法です。

肌がしっかりと必要な潤いを保つ健康的な肌へと導かれれば、皮脂の過剰に分泌されていた現象も自然と収まっていき、化粧崩れが起きにくくなっていきますよ。

それでは、皆さんの保湿方法が正しい方法で行われているのか、チェックしてみて下さいね。

●オススメの保湿方法●
化粧崩れを起こさない方法として大事な事は保湿ケアと解説しました。
ケアは毎日行うもの。
これを億劫だから、忙しいからと蔑ろにしてしまうと、肌の乾燥はどんどんと進行し、化粧が崩れやすくなっていきます。

そこでここではオススメの保湿方法をご紹介していきます。
今自分が行っているケア方法と違うのか、同じなのかをチェックしてみて、改善していく手助けとしてくださいね。

【オススメの成分】
乾燥が気になっている方、十分に保湿を与えたいと考えている方にオススメの成分は、セラミドやヒアルロン酸です。
これはいわゆる保湿成分といわれているものなので、肌に浸透してしっかりと潤いを与えてくれます。

そして、その後には必ず保湿をしてくれる乳液とクリームでしっかりとフタをしてあげましょう。

【化粧水→乳液→クリーム】
よく乳液で終わらせている人がいるのですが、乾燥している肌の人ではせっかく水分を与えているのに、その保湿を持続する事ができません。
実は乳液の保湿を保護する持続時間は短いのです。

スポンサードリンク

一日しっかりと与えた水分を逃さずに、保湿をキープするにはクリームが欠かせません。

特に朝は念入りに保湿する時間を作るようにしてください。
朝はバタバタと忙しいという方は多いかと思いますが、正常な肌へと戻す為には必要な事です。
早めに起きるなど努力をして是非、肌を健康へと導いてあげて下さい。

必要な成分と、保湿ケアに必要な化粧品が分かったところで、ケアの方法を解説します。

●コットンを活用●
化粧水を皮膚に与える時に、普段どのようにしていますか?手のひらに化粧水を垂らしてから顔に当てているという方、次回からはコットンを使うようにしてみましょう。

手のひらでももちろん、化粧水の成分は肌へと移っていくのですが、その量と浸透具合は、実は与えた分しっかりと行きわたる訳ではないのです。

化粧水は温度の高い方へと浸透するという性質があります。
この場合、顔と手になりますが、通常、顔よりも手の方が温かいという場合が多いです。
すると、与えたい顔の皮膚よりも、手へと成分が浸透していくという望んでいない結果に。

これを阻止するためにオススメなのがコットンなのです。
コットンを使って軽くタッピングすることで、驚くほどに保湿成分が浸透していきます。
手の時とは明らかに差が出てきますので、乾燥している方はコットンでケアをしていくようにしましょう。

特に朝のケアの時にはしっかりとタッピングしていく事が重要です。
この後に化粧をする事もありますし、外へ出ると紫外線やエアコンなど、乾燥の原因やダメージを受ける原因となる物を多く受ける事になります。
ここは念入りに行ってくださいね。

このコットンのタッピングをしても化粧が崩れてしまうという方は、更に保湿成分を肌の奥へと浸透させて保護する方法があります。

それが化粧水を使ったコットンパックです。
わざわざパックを買わなくても、化粧水とコットンを使えば即席の美容パックになりますので、是非試してみて下さい。
【コットンパックのやり方】
方法はとても簡単です。

1.コットンを水で軽く濡らしたら水気を切っておきます
2.水に濡らしたコットンに化粧水を500円玉くらいの量を垂らします
3.2.を顔に張り付けていきます。
全て張り付けたらその上から手を当てて温めます。
これで3分待ちましょう。

4.コットンをはがして保湿乳液とクリームをしてフタをします
(ポイント)
・顔に手をあてて温めるのは、保湿の成分をより浸透しやすくする為です。
化粧水は暖かい方へと浸透する性質があります。
これを利用するという事です。

・張り付ける時間ですが、この時間は守るようにしましょう。
長い時間張り付けていても効果が上がる訳ではなく、却って乾燥を促してしまう事になります。

●ミスト化粧水●
もし朝に忙しくて時間がなく、コットンでのタッピングであったり、パックをする事がどうしても難しい場合には、ミスト化粧水がオススメです。

ミスト化粧水を顔全体に行き渡らせてしっとりとさせて、それからメイクを始める事によって、ファンデーションの粉ふきの現象を防ぐ事ができます。

そして、化粧が完了した後にさらにミスト化粧水を活用する事で、ファンデーションと肌への密着力をアップさせる事ができるので、カサカサ感を感じる事も軽減でき、化粧が浮くというような事態も少なくなります。
ツヤも持続するようになるのでオススメです。

このミスト化粧水は、この他にもとても便利な活用方法があります。
それが化粧直しの時。
ミスト化粧水を使う事で潤いを与える事ができる上に、肌の凹凸を減らしてくれるので、ファンデーションがよれたり、崩れたりするのを防いでくれます。

とっても便利なアイテムですので、化粧ポーチに入れておくと助かります。

保湿を十分に行って、化粧崩れの悩みを解消しましょう!

 

★関連の記事はコチラ>>化粧が崩れない方法!5つのメイク術とは!?ファンデはどうする!?

スポンサードリンク

 - コスメ, 化粧崩れ ,