クリスマスプレゼントの意味は?恋人同士で贈る理由はあるのか?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

クリスマスと言えば、恋人同士で過ごす日としても人気のある日です。

恋人同士でクリスマスを過ごす際に、必須となっているのがクリスマスプレゼント。

 

でも、クリスマスにプレゼントを贈る意味は何なのか気になりますよね。

 

今回は、クリスマスにはどうしてプレゼントを交換し合うのかについてまとめました。

 

クリスマスプレゼントの意味や由来は?

 

大好きな恋人からクリスマスプレゼントがもらえた時には、すごく嬉しいですよね。

 

でも、プレゼント交換をする習慣って…

いつからなのか、どうしてそんな習慣があるのか気になる人もいると思います。

 

日本で最初にクリスマスプレゼントが登場したのは、明治時代の頃。

かなり昔から、プレゼントと言う風習は存在していたようです。

 

明治時代、キリスト教の宗教団体が、果物やパン・菓子・玩具などを詰め込んだものを、貧しい人々に渡したのがプレゼントの始まりだと言われています。

 

イエスキリストが誕生した時に、博士(賢者)はキリストのためにプレゼント持ってきました。

 

今ではキリストの誕生日と言っても、直接イエスキリストにプレゼントをすることは出来ませんが、人に「優しく」したり「親切」にすることは、キリストに贈り物をしていることになると言われており、プレゼント交換をすることは、神様にプレゼントをささげるところからきているようです。

 

プレゼントを贈ると、もらった人は笑顔になります。

クリスマスには、その笑顔がたくさん増える日なのかもしれませんね。

 

お互いを思いやることから、プレゼントを交換することは、いつの間には習慣化されるようになっていったのではないでしょうか。

 

これが現在のクリスマスプレゼントを贈る意味となっています。

 

恋人同士でクリスマスプレゼントを贈る意味は?

 

クリスマスは、イエスキリストの誕生日と言われています。

イエスキリストが誕生した際に、プレゼントが贈られたと言われています。

 

イエスキリストの誕生は、すごく喜ばしい日として、多くの人を幸福にしました。

 

聖書ではクリスマスは「愛の日」とされており、プレゼントを贈るのは、愛を贈ると言う意味があるようです。

また、愛を分け与えるとも言われています。

 

クリスマスプレゼントをあげることで、人は喜びます。

そして、日ごろの感謝の気持ちを伝える際にプレゼントを贈ることで、気持ちを表すことが出来るとされています。

 

現在のクリスマスの風習と言えば、日本では、クリスマスといえば恋人同士の日といった感覚も強く言われています。

 

クリスマスに別れた経験がある人や、クリスマスに恋人がいない人にとっては、少し寂しい日だったりもしますよね…

私は、クリスマスに恋人と過ごすということがありませんでしたね…

なので、プレゼントを交換売る習慣と言うのも経験がありません。

 

結婚すると、恋人とのプレゼント交換と言うよりかは、子供へのプレゼントに変わってしまうので、やはり恋人同士のプレゼント交換は、今でも憧れてしまいます。

 

大好きな人からもらったものって、お守り的な感じにも思えますよね。

特に形の残るプレゼントは、尚更です。

 

クリスマスの恋人同士のプレゼントまとめ

 

クリスマスに恋人同士でプレゼントを贈る習慣があるのはどうしてだろうと気になっている人には、このような理由があるのを知って、どのように感じられましたか?

 

「感謝の気持ち」と、「これからもよろしくお願いしますの気持ち」を込めて、気持ちを形で表すのに絶好のチャンスだと思います。

 

プレゼントを選んでいる時間も、もらった時の笑顔を想像することが出来るので、楽しい時間だと思います。

 

スポンサーリンク

コメント