修学旅行の持ち物で高校生の女子が持って行った方が良いモノは!?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

修学旅行は学校生活の中でも一度しかない行事です。

宿泊する旅行なので、持ち物に忘れ物がないかしっかり確認しなければなりません。

旅行先で必要なものを買い足ししたくないですよね。

そして、やっぱり女の子は可愛いものや、便利グッズを持っていきたいですよね。

そこで、女子高校生の修学旅行にオススメの便利グッズなどご紹介します。

高校生の女子の修学旅行に必須の持ち物とは?

 

まず、修学旅行の持ち物を入れていくバッグですが、

高校生の女子の最近の主流は、キャリーバッグです。

たくさん荷物が入りますし、持ち運びが楽なので人気があります。

最近では女子高生向けの可愛いデザインのものもあります。

バッグの大きさは宿泊日数と行先で変わりますので、状況を見て購入しましょう。

次に、高校生女子の修学旅行の持ち物を見ていきましょう。

 

【必需品】

・バック大(キャリーバック、ボストンバック)

旅行の着替えや小物などを入れる大きめのバック。

 

・バック小(リュックやウエストポーチなど)

観光時に持ち歩けるサイズのバック。

両手が塞がらないリュックがオススメ。

 

・財布

 

・旅行のしおり(学校から配布されたもの)

 

・筆記用具

 

・洗面用具

お気に入りのスキンケア、ヘアケア商品がある場合は、

トラベル容器に入れ替えて持っていきましょう。

 

・ヘアピンやヘアゴムなど

校則で髪を結わなければならないなどと決まっている場合は持っていきましょう。

 

・ハンカチ、ティッシュ

 

・雨具(レインコートや折りたたみ傘)

 

・保険証(コピーでも可)

旅先での万が一の病気やけがに必要です。

学校側があらかじめ生徒の保険証のコピーを提出させている場合が多いです。

 

 

持ち物は通っている学校の指示によって、少し変わってきます。

ほとんどは旅行前に、保護者も招集して説明会が開かれます。

学校側の指示した持ち物を守りながら、忘れ物がないように準備しましょう。

 

修学旅行の持ち物であると便利なモノは?注意点は?

 

次に修学旅行に持っていくと便利なものを紹介します。

【便利なモノ】

・酔い止め

修学旅行はバスや新幹線、飛行機など乗り物での移動が多いです。

乗り物で酔いやすい人は特に持っていきましょう。

 

・風邪薬、胃薬、頭痛薬など

修学旅行は、環境が変わり体調を崩しやすくなります。

病院へ行くまでもないけれど薬を飲んだほうがいい場合に便利です。

 

・絆創膏

あらかじめ多めに持っておくとちょっとしたけがに対応できますし、

友達にもあげることができます。

・生理用品

生理の予定がなくても環境の変化で突然生理になったりする可能性もあるので、

念のため準備しておきましょう。

 

・防寒具やカイロ

修学旅行の行先や春や秋など季節によって寒い場合もあります。

 

・眼鏡やコンタクトの予備

コンタクトレンズを使用している人はコンタクトを落としたり、

コンタクトの調子が悪い時のために、眼鏡も持って行きましょう。

 

・目薬

特にコンタクトを使用している人は、あると便利です。

 

・小さいソーシングセット

突然ボタンがとれた、破れた等の対応が出来ます。

 

・ウエットティッシュ

手を拭いたり、汚れたときに使えるので旅行先に持っていくと便利です。

 

・服を入れるジップロック機能付き袋

服はバックの中で一番かさばりやすいので、このアイテムで荷物を少なくしましょう。

 

修学旅行の持ち物で注意が必要なもの

さらに持って行っても良いが注意が必要なものを紹介します。

【注意が必要な持ち物】

・新しい靴

靴は必要ですが、新しい靴は履かない方がいいでしょう。

新しい靴でたくさん歩くと靴ずれになる可能性があります。

できる限り修学旅行の靴は、履きなれた靴にしましょう。

どうしても綺麗な靴で修学旅行に行きたいのであれば

少し前から何度か履いて、足になじませておきましょう。

 

・スプレー缶

飛行機での移動だった場合、持ち物検査で

止められる可能性があります。

 

人によってはいるものいらないものがあると思うので、上記は参考程度にしてください。

 

まとめ

学校によっては様々な校則や規則があると思うので、きちんと確認しておきましょう。

一生に一度の高校の修学旅行ですから、楽しい思い出が作れるように

忘れ物がないか準備は念入りにしておきましょう。

 

スポンサーリンク

コメント