子育てイライラ対策!中学生の暴言にイライラが爆発!解消法はあるのか?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

中学生は思春期を迎えると親に対して反抗してきます。

 

反抗期真っ只中でだと親の言うことを聞いてくれませんよね。

 

そのストレスでイライラしてしまうことが多いかもしれません。

 

そこで中学生の反抗期に対して親はどのような心構えで、

どのように対応していけばいいかまとめてみました。

中学生の暴言にイライラが止まらない!心療内科に行くか迷っている?

思春期の中学生に暴言を言われるとどう対応して良いのかわからないですよね。

そのストレスからイライラしてしまうことが多いと思います。

イライラしすぎて薬に頼りたくもなります。

そこで心療内科に行くことでイライラが解消されるのか調べてみました。

 

【そもそも心療内科とは?】

心療内科とは「心身症」を専門にしている科です。

 

「心身症」とは「心のストレスにより身体に支障をきたすこと」なので、

私たちの身近な病気だと「胃潰瘍」や「拒食症」、「過食症」、「過呼吸」などがあります。

 

身体に不調が出て病院を受診しても原因がわからないことがあります。

 

その時は「心のストレス」が原因かもしれないので、心療内科を受診することをお勧めします。

 

【心療内科と精神科の違い】

精神科は抑うつや不安、恐怖、イライラ、ヒステリーなど

「心の状態」を専門にしている科です。

 

心療内科は「身体の病気」、精神科は「心の状態」と目的が違います。

 

上記から「心のストレス」から「身体の病気」の症状がある場合は

心療内科を受診すると良いでしょう。

 

「身体の病気」がなく、

「心の状態」がひどいときは精神科を受診しましょう。

 

家庭のことや子供のことを一人で抱え込みストレスを溜めるよりも、

誰かに相談して気持ちを落ち着かせストレスを溜めないようにしましょう。

 

中学生の子育てにイライラ爆発!一人になりたい。イライラ解消の対策は?

 

例えばゲームをしている子供に

「宿題やったの?」

「勉強しなさい」

「まだ始めないの」

「やれって言ってるでしょ!」

などと言っても、

思春期の中学生は、命令されればされるほどやらないという習性をもっています。

 

そもそも親がイライラする理由とは「子供が思い通りにならないから」ですよね。

 

親が理想の子供像を押し付けると子供は言うことを聞きたくなくなるのです。

 

ですから「勉強しなさい」は言っても、それ以上言わないようにしましょう。

 

子供が自分で考え、責任を取る環境を作ることが大切です。

 

 

あとは過去の子供と比べる、他人の子供と比べることはしないようにしましょう。

 

思春期の子供は周りに流されやすいので、

「あの時は~」や「他の子は~」と言ってしまうと余計に反抗してきます。

 

比べるのではなく、現在の子供の状態を受け入れてあげましょう。

 

 

イライラしすぎてどうしようもない時の対策は?

イライラしすぎてどうしようもない時は趣味に没頭しましょう。

 

特に体を動かすスポーツやヨガ、ジムに行くなどを趣味にすると、

汗をかいてスッキリすることができます。

 

体を動かすことが苦手な人は家でできる料理や裁縫、編み物、アクセサリー作りなどがあります。

 

家でやることもないなという人は家の掃除をしましょう。

 

いつもの掃除よりも念入りにすると集中できるので、嫌なことを忘れることができます。

 

イライラを解消しながら、家の中もピカピカだと一石二鳥ですね。

 

本当にイライラの理由は子供だけなのか考える

イライラの理由は子供だけなのか考えましょう。

 

例えば仕事をしている人の場合、

仕事でミスをしてしまったり、

仕事の期限が迫っているなどの原因で、

自分の気持ちに余裕がない状態になることがあります。

 

余裕がない時は、ちょっとしたことでイライラしたり、

身近な人に八つ当たりしてしまうことがあります。

 

自分の気持ちに余裕を持つことでイライラする頻度は減ってきますので心がけるようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?子育ての悩みは皆さん抱えています。

 

特に思春期の中学生はどう対応していいのかわからず、

イライラしてしまうかもしれません。

 

そんな時は

「自分の気持ちに余裕を持ち、子供を受け入れる」

「趣味を作り、その趣味に集中する」

 

少し考え方を変えるだけで子育てが楽になると思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント